QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

QNAP NAS で QmailAgent を使用して電子メール アカウントを管理する方法

概要

QmailAgent はオンライン 電子メール クライアントです。これを使用すると、Gmail、Outlook、Yahoo、およびその他の電子メール アカウント (IMAP サーバーを含む) にアクセスできます。クイック起動バーで複数のアカウントを簡単に切り替えることができます。また、電子メールの作成、参照、管理を行うための完全な機能が備わっています。NAS に保存されているファイル、写真、文書をメールに添付することも可能です。また、QmailAgent では、ログイン時に、サーバーベースの電子メールすべてを NAS に自動的にバックアップする機能もサポートしています。

システム要件

QmailAgent には、QTS バージョン 4.2.2 以降 を含む QNAP NAS が必要です。

対応 QNAP NAS モデル:TS-x31、TS-x31+、TS-x31P、TS431U、TS-831X および x86 ベースの QNAP NAS (TS-269H、TS-x51、TS-x51+、TS-x51A、TS-x53、TS-x53II、TS-x53A、TS-453mini、TVS-x63、TS-X63U、TS-x69、TS-x70、TVS-x71、TS-x79、TVS-x80、TVS-ECx80+、TVS-x82 および TDS-16489U を含む)。詳細については、QNAP Web サイトにアクセスしてください。CPU 使用率が高くなるため、ARM ベースまたは Intel Atom ベースの旧 NAS モデルで複数の電子メールアカウントを利用することは推奨されません。詳しくは、「製品概要」を参照してください。

QmailAgent サービスを初めて設定するときは、以下の指示に従います。

  1. QmailAgent をインストールします
  2. ログイン電子メール アカウントを設定します
  3. QmailAgent ジョブを管理します
  4. NAS に保存されているファイルを電子メールに添付します
  5. 電子メールをバックアップします

1.QmailAgent をインストールします

QmailAgent は QTS App Center でインストールし、有効にできます。

2.ログイン電子メール アカウントを設定します

QmailAgent を初めて起動すると、電子メール アカウントの追加ページが表示されます。



次のページで、アクセスする電子メール サーバーを選択できます。

表示名、電子メール アドレス、パスワード、および電子メールの保存する NAS 上の場所など、電子メール アカウント情報を入力します。添付ファイルを保存するかどうか、または添付ファイルの保存場所を選択できます。

Gmail アカウントを追加する場合は、表示名、メールアドレス、メールの保存場所を入力します。添付ファイルを保存するかどうか、または添付ファイルの保存場所を選択できます。

Google アカウントにアクセスする許可をアプリに与える必要があります。[Google OAuth2] をクリックし、認証ページを開きます。(OAuth についての詳細は、以下の URL にアクセスしてください。http://wikipedia.org/wiki/OAuth)

注意:複数の電子メール アカウントを使用している場合は、ログイン用に設定したものと同じアカウントを選択して認証を完了してください。

Web ブラウザーに Google OAuth 認証ページが表示されます。[許可] を選択します。

お使いの Web ブラウザーがリダイレクトされ、QmailAgent に戻ります。[追加] をクリックして Gmail ログインを完了します。

3.QmailAgent ジョブを管理します

電子メール アカウントにログインした後、メールボックスにクイック スタートのページが表示されます。これらは必要なければ、スキップすることができます。






クイック スタート ページは、 > [クイック スタート] をクリックすることで再び表示できます。

電子メール アカウントを入力すると、現在選択されているフォルダの全電子メールの一覧がメールボックスに表示されます。電子メールの参照、作成、返信、削除に必要なあらゆる機能を利用することができます。

電子メールと添付は、バックグラウンドタスクとしてダウンロードされます。電子メール アカウントにサインインすると、QmailAgent はメールフォルダを同期し、ダウンロードします。

注意:電子メール サーバーのダウンロード制限 (およびその他のセキュリティ関連の機能) によっては、QmailAgent はすべてのダウンロードを一度に完了できない可能性があります。場合によっては、数時間後、アカウントを再認証する必要があります。

ツールバー (左から右) には以下が含まれます。選択、更新、新規メッセージ作成、送信者への返信、リストへの返信、または送信者およびすべての受信者への返信、メッセージの転送 (インラインを含む。添付ファイルとして)、メッセージの、ごみ箱への移動、このメッセージタグの印刷、メッセージのマークなど

メールを読む:電子メールを 2 回クリックすると、ウィンドウに電子メールのコンテンツが表示されます。前のウィンドウでは、以下のメッセージ一覧が表示され、現在選択されている電子メールが表示されます。前のウィンドウを表示/隠すには、メッセージ リスト フッターの をクリックします。


電子メール アカウントの切り替え/追加

電子メール アカウント リストを表示するには、 をクリックします。ここでは、別のアカウントにアクセスできます。

アカウント リストでは、 をクリックすることで別の電子メール アカウントを追加できます。

電子メール サーバーのタイプを選択して追加します。

電子メール アカウントの削除/追加

リストのアカウント を選択すると、電子メール アカウント情報が表示されます。名前やその他の設定を編集できます。

ストレージ場所設定では、電子メールおよび添付ファイルの保存先を変更することができます。

NAS からアカウントを削除するには、 をクリックします。

アカウント削除の確定が求められます。削除するアカウントを現在使用している場合、QmailAgent からログアウトされます。

連絡先のインポート/エクスポート

アドレス帳ウィンドウに切り替え、ツールバーの [インポート] をクリックし、次の手順に進みます。

アップロードする .vcf または .csv ファイルを選択し、[インポート] をクリックします。

連絡先をエクスポートするときは、連絡先またはグループを選択します。

[vCard 形式で連絡先をエクスポートする] をクリックし、すべての連絡先をエクスポートするか、選択した連絡先をエクスポートするかを選択します。これらが現在のデバイスにダウンロードされます。

4.NAS に保存されているファイルを電子メールに添付します。

電子メールの作成中にファイルを添付するには、ツールバーの をクリックします。NAS またはローカル (現在のデバイス) から添付するファイルを選択できます。

フォルダ ウィンドウで、ファイルを選択し、[OK] をクリックしてアップロードします。


をクリックして、別の新しいブラウザーを開きます。

5.電子メールをバックアップします

[バックアップ] をクリックして、バックアップした電子メールを参照します。

インスタント モード:このモードで行った変更はすべて、メール サーバー上に保存され、電子メールに適用されます。
バックアップ モード:電子メールがメール サーバーで削除されても、NAS 上でバックアップ コピーを表示することができます。

リリース日: 2015-10-27
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
42% の人が、これは役に立つと思っています。