QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

myQNAPcloud (QID) で NAS をリモート管理する方法

 

 

概要

モバイルアプリと myQNAPcloud (QID) を使用するとき、myQNAPcloud (QID) で一度ログインすると、お使いのデバイスが一覧にインポートされます。 また、QID を使用すれば、NAS 情報が変更された場合でも、ログイン情報が最新の状態に維持されます。

[myQNAPcloud] の [Access Control (アクセス制御)] を [Private (プライベート)] または [Customized (カスタマイズ)] に変更すると、NAS セキュリティが強化されますが (無許可のユーザーは myQNAPcloud でデバイスを見つけることができません)、正しい情報を取得するために、QID でサインインする必要があります。

myQNAPcloud の詳細については、次をご覧ください。
https://www.qnap.com/i/jp/tutorial/con_show.php?op=showone&cid=81

 

QID でサインインし、複数の NAS を一度にインポートする (例として Qmanager を使用)

  1. [Add NAS (NAS の追加)] に進み、[Sign in QID (QID サインイン)] を選択します。
  2. myQNAPcloud (QID) アカウントでサインインします。
  3. ログイン後、すべての myQNAPcloud (QID) NAS が一覧表示されます。 [ ] アイコンは、myQNAPcloud (QID) の [My Devices (マイデバイス)] を意味します。[ ] は myQNAPcloud (QID) の [Friend’s Device (友人のデバイス)] を意味します。 myQNAPcloud (QID) アカウントとデバイス名がここに表示されます。 [ ] を押すと、デバイスリストが同期されます。
  4. ログインするデバイスを選択します。 元の接続ルールとは異なり、QID でインポートされた NAS では、初回の接続にユーザー名とパスワードを必要とします。
  5. [Settings (設定)] を入力し、QID を管理します。 [Sign in QID (QID でサインイン)] (手順 1 と同じ) したり、[Sign out (サインアウト)] したりできます。
  6. サインアウトするとき、QID 情報の [Delete (削除)] または [Keep (維持)] を選択できます。

    [Delete (削除)] を選択した場合、QID でインポートされた NAS の一覧と情報が削除されます。 [Keep (維持)] を選択した場合、接続情報が維持されます (QID 情報を除く)。

[Access Control (アクセス制御)] の変更後に、QID でサインインし、NAS に接続します (例として Qmanager を使用)。

  1. [myQNAPcloud] の [Access Control (アクセス制御)] 設定を [Private (プライベート)] または [Customized (カスタマイズ)] に変更するとき、QID でサインインし、myQNAPcloud サービスを使用するための正しい情報を取得する必要があります。
    • プライベート: myQNAPcloud デバイスを登録した人だけがそれにアクセスできます。
    • カスタマイズ: そのデバイスにアクセスできるユーザーを選択します。
    • パブリック (初期設定): 誰もがこのデバイスにアクセスできます。
  2. モバイルアプリを利用し、myQNAPcloud デバイス名で NAS にログインする場合、接続できません。
  3. QID によるサインイン後、NAS 情報が維持されます。 また、すべてのデバイスがモバイルアプリリストにインポートされます。
リリース日: 2016-05-03
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
31% の人が、これは役に立つと思っています。