TES-3085U - QNAP

Language

Intel® Xeon® Dプロセッサーを備えた高性能の企業向けTES-3085Uでは、2つのオペレーティングシステム、FreeBSDベースQESとLinuxベースのQTSのいずれかを実行可能。QESはZFSをサポートし、信頼性が高く、ほぼ無限のスナップショットバックアップ、ブロックレベルのデータ重複除去、リアルタイムのデータ圧縮を実現します。QTSには、Qtierテクノロジー、SSDキャッシュ、多彩な付加価値アプリといった特徴があり、ストレージの効率を上げ、多様な応用を可能にします。TES-3085Uでは2つのオペレーティングシステムから選択できるので、企業は各段階のニーズと目標に合わせ、複数のTES-3085Uに適切なオペレーティングシステムを配備できます。TES-3085Uは特に、高速のオールフラッシュストレージソリューションに最適です。最大24個のディスクベイと6つの専用SSDベイでキャッシュします。

注記: セットアップの完了後にNASオペレーティングシステムを変更するには、ハードディスクを再初期化し、保存されているデータをすべて削除する必要があります。 NASオペレーティングシステムを切り替える前にリモートバックアップが必要です。

Intel® Xeon® Dプロセッサーがパフォーマンスと効率性を最適化

高性能14nm Intel® Xeon® D 64 ビットSoCプロセッサーと統合型PCHを内蔵、最大128GBのDDR4 ECC RDIMM RAM / 64GB DDR4 非ECC UDIMM RAM、2つの内蔵10GbE SFP+ポートを備え、12Gb/s SAS対応のTES-3085Uは、驚異的なパフォーマンスでデータを転送し、アプリケーションを実行します。熱設計がわずか20-65WのTES-3085Uは、パフォーマンスと省エネの両方の要求を満たします。

 

高性能ハードウェア: 大容量、高耐久性、小型

TES-3085UはSAS 12Gb/s 2.5” ドライブをサポートします。SAS 12Gb/sまたはSATA 6Gb/sハードドライブ、SSDが利用可能。企業はニーズに最適なドライブを導入し、最も対費用効果の高いストレージを構築できます。

1. Intel Xeon Dマルチコアプロセッサー

14nmでエネルギー効率の良いSoC、DDR4 RAM対応。PCIe Gen.3レーンあたりスループット。

2. DDR4 2133MHzメモリ

4つのDDR4 RAMモジュールをサポート。UDIMMまたはECC RDIMM (最大64GB UDIMM RAM、最大128GB RDIMM RAM)。

3. 12Gb/s SASコントローラー

12Gb/s SASハードドライブとSSDをサポート。高速のデータ転送。信頼性の高いストレージ。

4. ホットスワップ対応のファン

ホットスワップ対応の6cm冷却ファンを4つすばやく簡単に取り付け可能。

5. 2つの内蔵10GbE SFP+ポート

iSCSI/NFS/CIFSネットワーク転送機能を強化。仮想アプリケーション、データバックアップ/復元、大量のデータ転送に利用可能。

6. 4 つのギガビットポート

サービスバインディング、ポートトランキング、MPIO構成に最適です。

7. 4 つの PCIeスロット

3つの高速PCIe Gen.3と1つのPCIe Gen.2。10GbE/40GbEアダプターとPCIe NVMe SSDをサポート。

8. 6つの2.5” SATA SSDスロット

キャッシュ、高性能ストレージプール、QES OSドライブに使用。

5 年の保証 - グローバル保証を含む

QNAP の TES-3085U は5 年の保証を提供します。これには無償で 3 年のグローバル保証。 この特別な保証は継続的運営と中断のないサービスをお客様に届けるという重要なビジネスニーズを QNAP が重視した結果として生まれました。

追加情報: QNAP 保証サービス

1台のラックマウントNASに2つのOSオプションシステム

TES-3085Uでは、妥協のない信頼性か優れた多様性を柔軟に選択できます。QESオペレーティングシステムは企業向けのストレージに最適であり、事業の継続性を最大化します。QTSオペレーティングシステムはアプリケーションストレージに最適で、機能性に優れています。

QESとQTSの比較

  QES
QNAP Enterpriseシステム
QTS
QNAP Turbo NASシステム
CIFS/FTP/NFS/iSCSI はい はい
スナップショット はい はい
SnapSync はい いいえ
データ重複除去 はい いいえ
オンラインデータ圧縮 はい いいえ
Qtier (自動階層) いいえ はい
アプリケーションサービス (Virtualization Station、Webサーバー、マルチメディアサービスなど) いいえ はい
App Center いいえ はい
アプリケーションシナリオ
  1. ミッションクリティカルなビジネスタスクに最適な信頼性の高いストレージ
  2. デュアルコントローラーEnterprise ZFS NASに最適なバックアップストレージ
  1. HSSDとQtierテクノロジーによる高性能ストレージで対費用効果を最大化
  2. VirtualizationStationとContainerStationを利用した仮想マシンとコンテナー化されたアプリケーションをホストするためのストレージ
  3. QTSサービス (Webサーバー、VPNサーバー、FTPサーバーなど) を利用したアプリケーションサーバー

FreeBSDとZFSを基盤とするQESオペレーティングシステム

TES-3085Uはまったく新しいQES (QNAP Enterprise Storage) オペレーティングシステムを備えていますが、このOSはシンプルで効率的なFreeBSDカーネルと長年の経験から企業向け高性能アプリケーションに最も適していることが証明されているZFSファイルシステムを基盤にしています。 QESはQTS オペレーティングシステムと操作性が同じであり、企業ユーザーは簡単に操作を覚え、短期間でTES-3085Uを展開できます。現行のQNAP NASとの組み合わせにおいて最高のストレージソリューションとなります。

注記: TES-3085UでQESオペレーティングシステムを実行するには、最大32GBのRAMが必要です。

ZFS – ビジネスデータストレージとして最高のファイルシステム

TES-3085Uはファイルシステムと論理ボリュームマネージャーを組み合わせたZFSを備え、強力なストレージ拡張、柔軟なストレージプール、RAID-Zによるデータ保護、シンプルな管理、高性能SSDキャッシュ、ほぼ無限のスナップショット、クローン作成、データの重複排除、インライン圧縮、自己修復、シンプロビジョニングと再利用など、企業向け高性能ストレージのためのさまざまな最新機能に対応し、仮想マシンストレージを最適な方法で活用できます。 ZFSはデータ整合性を中心に設計されており、エンドツーエンドのチェックサムを利用し、ハードウェアの故障、ファームウェアのバグ、メタデータエラーを原因とする無症状データ破損を検出、訂正し、ユーザーのデータを効果的に保護します。

重複排除と圧縮でVDIストレージの性能を最大限に引き出す

ランダムI/Oに優れたオールフラッシュストレージは、データベース、オンライントランザクション処理 (OLTP)、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) アプリケーションで有利です。オールフラッシュストレージにかかる費用は通常のハードドライブの利用より高額になりますが、データの重複除去や圧縮の技術は少ないストレージ領域に多くのデータを保管できるので、対費用効果が高くなり、パフォーマンスが改善されます。たとえば、VDIを使用する場合、仮想デスクトップ全体でOSイメージとアプリケーションのデータが90%重複するということがあり得ます。TES-3085Uは冗長データからブロックベースでデータの重複を排除し、ストレージ利用を最適化します。仮想デスクトップに重複排除を適用することで、キャッシュが簡単になり、仮想デスクトップの最適な性能が得られます。インラインデータ圧縮がデータサイズを縮小し、ストレージ利用をさらに最適化します。TES-3085Uは仮想化環境のストレージを極めるものであり、最も対費用効果が高いリモート仮想デスクトッププラットフォームとミッションクリティカルな情報ウェアハウジングを企業に提供します。

ほぼ無限のスナップショットとSnapSyncによる強力な障害復旧

TES-3085UはiSCSI LUNと共有フォルダーのスナップショットを最大65,536枚撮影できます。リモートスナップショットバックアップを実行するときは、変更されたデータのみを転送します。重複排除と圧縮を利用することで、転送するデータの量が大幅に減ります。TES-3085UはSnapSyncを利用し、5分毎という短い間隔でスナップショットをリモートバックアップできます。VMware vCenter Site Recovery (SRM) 技術に完全対応し、SRMにStorage Replication Adapter (SRA) を提供します。企業クラスのリモートバックアップ/障害復旧ソリューションで事業継続性を実現します。

データを守る多機能バックアップソリューション

QNAP NetBak Replicatorは使い勝手がよく、VSSに対応したバックアップソフトウェアです。企業は高額で複雑な市販のソフトウェアを購入しなくても、データセンターと仮想化環境で完全なバックアップを作成できます。 QNAPスナップエージェントとVSSハードウェアプロバイダーの運用環境を構築するために、すべてのアプリケーション (VSSサービス、リクエスター、プロバイダー、QNAPスナップエージェントなど) を、VSS対応アプリケーションで同じサーバーに展開できます。1台のTES-3085Uと1台のサーバーがあれば運用できます。

包括的な仮想化アプリケーションのストレージ

TES-3085UはVMware® vSphere™ 6.0とCitrix® XenServer™ 6.0に対応し、Microsoft® Hyper-V®との互換性があります。仮想化環境で柔軟に展開し、管理できます。TES-3085UはVMware VAAIとMicrosoft ODXをサポートし、ESXiサーバーとHyper-Vのサーバー負荷をそれぞれ分散します。また、QNAP vSphere Clientプラグイン、Webプラグイン、QNAP SMI-Sプロバイダーをサポートし、仮想化アプリケーションの運用と管理の効率性を改善します。

追加情報: 仮想化のためのストレージ

Enterprise ZFS NASに最適なバックアップNAS

TES-3085UでQESオペレーティングシステムを実行すると、SnapSyncを利用したデュアルコントローラーEnterpriseZFS NASに最適なバックアップストレージとなります。Enterprise ZFS NASが突然停止した場合、TES-3085Uはバックアップされているすべてのデータをローカルですぐに復元できます。操作やサービスを引き継ぎ、アップタイムを最大化します。リモートQTSNAS/rsyncサーバーから復旧後のEnterpriseZFS NASにデータを戻すために必要なダウンタイムが回避されるので、最適な復旧時間目標を達成するためのバックアップNASとして、TES-3085UとEnterprise ZFS NASは最高の組み合わせとなります。

バックアップ先 Enterprise ZFS NAS またはTES NAS QNAP NAS (QTS OS) rsyncサーバー
バックアップ方法 QNAP SnapSync rsync rsync
フォルダーバックアップ はい はい はい
iSCSI LUNバックアップ はい はい いいえ
オープンファイルバックアップ はい いいえ いいえ
VMwareサイト復旧マネージャー はい いいえ いいえ
バックアップ時間 短い 長い 長い
復旧時間 短い 長い 長い

アプリ中心の Linux ベースQTSオペレーティングシステム

QTSオペレーティングシステムは、Qtierの自動階層、ブロックベーススナップショット、SSD読み取り/書き込みキャッシュでストレージを最適化するだけでなく、豊富なビジネス向けのアプリケーションや機能を提供します。包括的なオールインワンの NAS ソリューションを実現します。

階層ストレージとアプリケーションベースのパーティショニング

QNAPのQtier技術はTES-3085Uの自動階層機能を強化し、SSDとSAS/SATAドライブ全体でストレージ効率性を継続的に最適化します。自動階層機能を備えたTES-3085Uは頻繁に使用される「ホット」データを高性能ストレージ階層に自動的に移し、アクセス頻度の少ない「コールド」データを安価で容量の大きいドライブに移します。TES-3085Uが極めて効率的な共有リソースとなります。SSDとSAS/SATAハードドライブを異なるアプリケーションのための独立したパーティションとして設定することができ、すべてのアプリケーションのための十分なスループットレベルを確保します。

追加情報: Qtier

プラットフォームに依存しないファイル共有、集中的データストレージ

TES-3085UはSMB/CIFS、NFS、AFPプロトコルをサポートし、Windows®、Mac®、Linux®/UNIX® ネットワークでファイルを共有できます。 CDとDVDのデータ、ログ、ISOイメージはTES-3085Uに集中的に保管され、統合アンチウイルスソリューションで保護されます。 Windows AD®とLDAPサービスを利用すれば、システム管理者は既存のWindows ADサーバー、LDAPサーバー、NAS内蔵LDAPサービスを利用し、ユーザーのアクセス権を設定できます。TES-3085UはSAMBA v4をサポートし、Windows®のドメインコントローラーとして機能することができます。

追加情報: プラットフォームに依存しないファイル共有, Windows Active Directory (AD), target="_blank">LDAP Directory Service, ISO共有, Syslogサービス

多機能バックアップ・障害復旧ソリューション

TES-3085UはWindows®ユーザーとMac®ユーザーに柔軟なバックアップソリューションを提供します。機能として、ボリューム/LUNスナップショット、スナップショットレプリカとクローン、障害復旧ソリューション (RTRR、rsync、クラウドストレージバックアップなど) をご利用いただけます。クラウドストレージバックアップには、Amazon® Glacier、Azure™ Storage、Google Cloud Storage™、Google Drive™、Microsoft® OneDrive、Dropbox®、Amazon® Drive、Yandex® Disk、Box®、、Amazon® S3/OpenStack Swift/WebDAV互換クラウドサービスがあります。

追加情報: データバックアップと障害復旧, リモートバックアップ, VMバックアップ, Hybrid Backup Sync

ボリュームとLUNのスナップショットで復元を簡素化

QTS Storage Managerは使いやすいWebベースのスナップショットツールを備えています。TES-3085Uのデータを簡単にバックアップし、あらゆる時点に復元し、重要なデータの損失を防ぎます。ボリュームとLUNの両方のスナップショットを撮影し (ブロックベースの LUN* およびファイルベースの LUN)、変更だけをコピーすることでボリューム/LUN スナップショットをリモートサーバーに効率的に複製し、ローカルボリュームとしてボリューム/LUNスナップショットのクローンを短時間で作成できます。実行中のシステム操作を中断することがありません。RTRR/rsyncを使ったバックアップの前に、ファイルが開いている場合でも、ボリュームのスナップショットを自動撮影するようにシステムを設定できます。

* ボリュームまたは LUN ごとに最大 256 のスナップショット。各 NAS につき最大 1,024 のスナップショット。ブロックベースの LUN スナップショットの使用をお勧めします。

追加情報: ボリュームとLUNのスナップショット, ランサムウェアからデータを守る

仮想マシンとコンテナー化されたアプリケーションをホストするためのストレージ

Virtualization Stationを用いることで、TES-3085U上で仮想マシン (VM) を直接ホストしたり、WebブラウザーまたはVNCを経由してそれらにアクセスしたりすることができます。Virtualization Stationは複数のオペレーティングシステム、VMの高速作成、VMのバックアップと復元、VMインポート/エクスポート、VMを集中管理するデバイス管理に対応しています。Virtualization Stationを利用することで、TES-3085UとVMは同じLANポートを共有できます。高速の仮想スイッチがVM間の転送速度とVMとTES-3085Uに保存されているデータの間の転送速度を大幅に上げます。また、TES-3085Uは、Container Stationを搭載しています。これは、LXCとDocker®ライトウェイト仮想化技術を統合しています。複数の分離されたLinux® システムをTES-3085U上で動作させたり、内蔵Docker Hub Registry® からアプリをダウンロードしたりすることができます。さらに、QNAPのContainer Station用の包括的な "QIoT Containers" は、コンテナー化された実践的アプリを多数揃えた理想的なプラットフォームです。開発者はIoTアプリを簡単に適用したり、短期間で開発したり、便利な方法で配備したりできます。

追加情報: Virtualization Station, P2V, Container Station, QIoTコンテナー

仮想JBODを利用し、複数のQNAP NASをまたいでストレージを最大限に活用

拡張エンクロージャーを利用する以外にも、NASストレージ容量を拡張する方法があります。 QNAP VJBOD (仮想 JBOD)はネットワークベースのJBODであり、他のQNAP NASユニットを利用し、QNAP NASのストレージ容量を拡張できます。 QNAP NASのiSCSI LUNからTES-3085Uをローカルディスクとしてマウントできます。仮想ストレージのプールやボリュームを作成し、スナップショットの作成と取消し、メディアライブラリのマルチメディアファイルのインデックス作成、さらにはiSCSI LUNの作成など、NASの機能に利用できます。 VJBODを使用すると、センターから複数のQNAP NASユニット* のストレージスペースを利用することができ、ローカルNAS上のインターフェイスで、それを管理することができます。

* リモートQNAP NASが、iSCSIおよびストレージプールをサポートし、QTS 4.2.1 (またはそれ以上) を使用する必要があります。最大8台のリモートNAS ユニットをマウントすることができます。

追加情報: VJBOD

QNAPヘルプデスクアプリで直接的な技術サポート

ヘルプデスクアプリでは、QNAPのエンジニアにサポート依頼を直接送信できます。ユーザーの許可が得られた場合、エンジニアは安全な256ビット暗号化接続を利用し、ユーザーのNASにリモートアクセスして深刻な問題を解決します。ヘルプデスクはまた、チュートリアル、FAQ、オンラインリソース、デバイス互換性リストなど、さまざまなお役立ち情報を提供します。QNAP NASの初心者でも上級者でも、役に立つ助言や情報を簡単に見つけ、効果的に問題を解決できます。

QRM+:ネットワーク化されたコンピューティングデバイスのための集中管理ソリューション

QRM+はQNAPがITチーム向けに設計したネットワーク化されたコンピューティングデバイスのための集中管理ソリューションです。これはネットワーク上のサーバーやPC、シンクライアントなど重要なコンピューティングデバイスすべてを探索し、マップやモニターを一箇所で管理するのソリューションで、グラフィカルなトポロジー図でデバイスの探索をしやすくします。QRM+はIPMI 2.0をサポートし、特定のIPMIデバイスに対してのKVM (キーボード、ビデオ、マウス) となり、KVMの記録と再生機能を用いてあらゆるアクションを追跡できます。お使いのWindows®やLinux®デバイス上にQRMAgentをインストールするだけで、QRM+管理インターフェイス上でデバイスのシステム状況を見ることができます。TES-3085U上のQPulse™を用いた集中管理により、ITインフラストラクチャとデバイスのセキュリティが強化され、トラブルシューティング・ネットワークリソースの性能解析が大幅に簡略化されます。

追加情報:QRM+

デバイスに依存しないファイル同期化

Qsyncでは、さまざまな方法でファイルを同期したり、グループファイルを共有したりできるので、共同作業の柔軟性が大幅に上がります。TES-3085Uにアップロードされたファイルは、コンピューター、ノートパソコン、携帯機器など、リンクされているすべての機器で利用できます。 Qsyncは特に、旅行する機会が多い人にとってファイルの管理に便利であり、さまざまな機器に最新のファイルを置くことができます。他の高度な機能としては、共有フォルダーやチームフォルダーを同期し、共同作業を効率化したり、一元的構成を利用し、なくしたデバイスのQsyncフォルダーをリモートで削除してデータ侵害を防いだり、デバイスの回収後に復元したりできます。

追加情報: Qsync

年中無休のセキュリティを実現する包括的監視ソリューション

Surveillance Stationはネットワーク監視のプロ仕様のVMS (ビデオ管理システム)であり、使いやすい管理インターフェイスを備え、3,000を超えるIPカメラに対応し、IPカメラのチャンネルライセンスを拡張できます。幅広いカスタマイズ可能な設定でリアルタイム監視と動画と音声の録画と再生をサポートします。VmobileアプリをiOS®デバイスやAndroid™デバイスにインストールすれば、いつでもどこでも監視対象チャンネルを管理し、オフィス環境を守ることができます。Vcamモバイルアプリをインストールすれば、デバイスをネットワークカメラに変え、TES-3085Uに一瞬で記録できます。TES-3085Uは無料のIPカメラチャンネルを8つ提供します。ライセンスを追加購入すれば、最大80チャンネルまで拡張できます。

追加情報: Surveillance Station

アプリのオンデマンドインストールでNASの機能性を高める

TES-3085UにはApp Centerが内蔵されており、バックアップ/同期、ビジネス、コンテンツ管理、通信、ダウンロード、娯楽用のツールなど、100を超えるアプリを提供します。必要に応じて自由にアプリをインストールし、TES-3085Uの機能性を拡張できます。

追加情報: App Center

シームレスな容量拡張

TES-3085Uでは、複数のQNAP RAID拡張エンクロージャーをカスケード接続することで効率的に容量を拡張し、増え続けるビジネスデータに対応できます。企業にとって対費用効果の高いストレージソリューションとなり、大量のデータをアーカイブしたり、仮想化アプリケーションに利用したりできます。

QNAP拡張エンクロージャーを接続して利用できる最大SSD/HDD数:

NASモデル 拡張 エンクロージャー 拡張エンクロージャー数 合計HDD数 (NAS+エンクロージャー)
TES-3085U REXP-1620U-RP 8 158
7 142
6 126
5 110
4 94
3 78
2 62
1 46
REXP-1220U-RP 8 126
7 114
6 102
5 90
4 78
3 66
2 54
1 42

追加情報: QNAP拡張エンクロージャー

アクセサリ (別売)

ストレージ拡張/アクセサリ

REXP-1620U-RP
3U 16ベイ RAID拡張エンクロージャー
最大8つのREXP-1620U-RPをTES-3085Uに接続できます。

REXP-1220U-RP
2U 12ベイ RAID拡張エンクロージャー
最大8つのREXP-1220U-RPをTES-3085Uに接続できます。

SAS-12G2E
デュアルワイドポートストレージ拡張カード、SAS 12Gbps。
注記: RAID拡張エンクロージャーに接続するには、ストレージ拡張カードをNASに取り付ける必要があります。

CAB-SAS10M-8644
ミニSAS外部ケーブル (SFF-8644 ~ SFF-8644)、1.0m

CAB-SAS05M-8644
ミニSAS外部ケーブル (SFF-8644 ~ SFF-8644)、0.5m

CAB-SAS10M-8644-8088
ミニSAS外部ケーブル (SFF-8644 ~ SFF-8088)、1.0m

注記: TES-3085Uを6Gb/s SAS対応 REXP-1200U-RP/REXP-1600U-RPに接続するには、6Gb/s SAS用に12Gb/s SASケーブルが必要です。このケーブルの転送率は毎秒6Gbになります。
SFP+ DAC ケーブル

CAB-DAC15M-SFPP-A02
SFP+ 10GbE直接接続ケーブル、1.5m
レールキット

RAIL-A03-57
A03シリーズ (筐体) レールキット、最大荷重57kg
LAN カード

LAN-10G2T-X550
デュアルポート10GBase-Tネットワーク拡張カード

LAN-10G2SF-MLX
デュアルポート10GbE SFP+ネットワーク拡張カード

LAN-40G2SF-MLX
デュアルポート40ギガビットSFP+ネットワーク拡張カード

LAN-1G2T-I210
デュアルポート1GbEネットワーク拡張カード
RAM

RAM-16GDR4-LD-2133
16GB DDR4 非ECC RAM、2133MHz、UDIMM

RAM-64GDR4-RD-2400
64GB DDR4 ECC RAM、2400MHz、RDIMM

RAM-32GDR4-RD-2400
32GB DDR4 ECC RAM、2400MHz、RDIMM

RAM-16GDR4-RD-2400
16GB DDR4 ECC RAM、2400MHz、RDIMM

RAM-8GDR4-RD-2400
8GB DDR4 ECC RAM、2400MHz、RDIMM