QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

QNAP Thunderbolt NAS と Windows を利用し、Adobe Premiere® Pro のための高速メディア編集環境を構築する方法

1. 課題と解決策

データの転送速度が限られることは、大量の AV 素材を保存し、編集するスタジオにとって問題となります。 4K 動画のような高画質素材をオンザフライで操作するために大量のストレージ領域と帯域幅が必要になるとき、次のことができる QNAP Thunderbolt NAS は理想のストレージソリューションです。

  1. ワークステーションで直接アクセスできるネットワークドライブを作成する。
  2. 保存されている素材を高速 20Gbps 接続で転送する。
  3. Thunderbolt NAS で直接メディアを編集する。
  4. Adobe Premiere® Pro、Apple Final Cut Pro®、Cyberlink Power Director® など、主流となっている編集ソフトウェアと互換性がある。

*タイトル、コンテンツ、発行元の名前、商標、アートワーク、関連イメージはそれぞれの所有者の商標または著作権資料です。 著作権所有。

2. はじめに

2.1. QNAP Thunderbolt NAS とは何か?

Intel Thunderbolt 2 Technology を備えた QNAP Thunderbolt NAS は最大 20Gbps のスループットを届けます。 DAS の高速転送と NAS の便利なアクセスを組み合わせた QNAP Thunderbolt NAS は、大量の 4K UHD 動画とデザインのワークフローを合理化する方法を探しているクリエイティブなメディアプロフェッショナルに柔軟かつ効率的なストレージソリューションを提供します。

他の手段と比較した Thunderbolt のスループット。

*転送速度は利用環境によって変わることがあります。

3. 開始方法

3.1. Windows PC で Thunderbolt NAS を設定する

Thunderbolt で NAS を直接 PC に接続する場合、Windows Explorer の左側にある「ネットワーク」に進みます。

*初めて使用する場合、最初に https://start.qnap.com/ に進み、NAS を初期化する必要があります。

Windows Explorer で、「ネットワーク」に進み、「ストレージ」の下で Thunderbolt NAS を見つけます。 あるいは、「コンピューター」の下に一覧表示されている NAS にアクセスし、NAS でファイルを表示できます。
初めて使用する場合、最初に https://start.qnap.com/に進み、NAS を初期化する必要があります。
Thunderbolt NAS を使用し、「ネットワーク」経由でデータを保存できます。

3.2. 共有フォルダーを作成し、素材を保存する

共有フォルダーを作成し、データを保存するには、「ネットワーク」 > 「ストレージ」で Thunderbolt NAS をダブルクリックし、Web ブラウザーを開き、QTS にログインします。 「コントロールパネル」で「特権設定」 > 「共有フォルダー」 > 「作成」 > 「共有フォルダーの作成」の順に選択し、新しい共有フォルダーを作成します。

メディアプロジェクトファイルを保存する共有フォルダーを作成します。

3.3. Thunderbolt NAS を PC にマッピングする

一部のメディア編集ソフトウェアでは Windows Explorer で「ネットワーク」からファイルを開くことができません。 この制約を回避するには、NAS を PC にマッピングする必要があります。

これを行うには、Windows Explorer の左側にある「ネットワーク」に進み、NAS を起動します。 起動したら、共有フォルダーを右クリックし、「ネットワークドライブのマッピング」を選択し、設定を変更し、「完了」をクリックします。 NAS のログイン詳細を求められたら入力する必要があります。その後、自動的に Thunderbolt NAS に接続します。 接続が完了すると、指定したドライブ文字を使い、新しいネットワークドライブがコンピューターに追加されます。

Windows Explorer の左側にある「ネットワーク」に進み、NAS を起動します。 起動したら、共有フォルダーを右クリックし、「ネットワークドライブのマッピング」を選択します。
ドライブ文字を指定したら、「完了」をクリックしてネットワークドライブをマッピングします。
Thunderbolt NAS の共有フォルダーがコンピューターのドライブとして表示されます。

4. Thunderbolt NAS を Adobe Premiere® で使用する

4.1. Thunderbolt NAS を Adobe Premiere® で使用し、プロジェクトを開く

Adobe Premiere® Pro を利用して新しいプロジェクトを作成するとき、Thunderbolt NAS ネットワークドライブをプロジェクトのフォルダーとして選択できます。

Adobe Premiere® Pro を起動し、「新しいプロジェクト」を選択します。
「ネットワーク」から Thunderbolt NAS を選択し、Thunderbolt NAS でプロジェクトを作成できます。
あるいは、先にマッピングしたネットワークドライブを選択し、Thunderbolt NAS にプロジェクトファイルを保存できます。

4.2. Thunderbolt NAS からメディアをインポートする

「インポート」または「メディアブラウザー」機能を利用すれば、メディアを保存しなくても PC から Thunderbolt NAS に直接インポートできます。 最大 20Gbps の転送速度により、複数のファイルを同時にストリーム配信する場合でも、メディア編集ソフトウェアのメディアファイルには遅延がありません。

Thunderbolt NAS ネットワークドライブから Adobe Premiere® Pro プロジェクトにメディアを直接インポートするか、「インポート」機能を利用します。
「メディアブラウザー」を使用し、ネットワークドライブがマッピングされた Thunderbolt NAS に保存されているメディアを使用します。
ローカルに保存されているメディアをプレビューするのと同じくらい滑らかに Thunderbolt NAS に保存されているメディアをプレビューできます。
たとえば、Intel® Xeon® 2.40GHz デュアルコア CPU と 32GB RAM を備えた PC を 8 台のソリッドステートドライブを RAID 5 で構築した Thunderbolt NAS に接続した場合、マッピングされたディスクの読み書き速度はいずれも毎秒 500 MB を超えます。

4.3. 完成した作業を Thunderbolt NAS にエクスポートする

完了したら、生成物を Thunderbolt NAS に直接エクスポートしたり、QTS の機能を利用してそれを他者とすばやく共有したりすることもできます。 それを行うには、作業のエクスポート時に「エクスポート設定」でネットワークドライブを選択します。

編集が終わったら、ネットワークドライブを選択し、Thunderbolt NAS に作業を直接エクスポートします。

Thunderbolt NAS に保存したら、作業をネットワークの他のコンピューターと簡単に共有できます。 データには Thunderbolt 接続とイーサネット接続の両方を利用し、同時にアクセスできます。 完了した作業がエクスポートされた共有フォルダーに他のユーザーは接続できます。 このフォルダーに対する他のユーザーの追加アクセス許可を共有フォルダーメニューから設定できます。

他の NAS ユーザーにアクセス許可を与えるには、「コントロールパネル」> 「特権設定」> 「共有フォルダー」の順に進み、作業を保存したフォルダへのアクセス許可を編集します。
他者が Thunderbolt NAS のフォルダーをマッピングする必要があるとき、適宜、ログイン詳細を入力できます。
他のユーザーは自分のワークステーションからあなたの作業に直接アクセスできます。
電子メールや共有リンクなど、File Station の他のオプションを選択して作業を共有することもできます。

5. Thunderbolt NAS ネットワークを管理する

5.1. Thunderbolt 接続で接続できることを確認する

Thunderbolt NAS と Windows ワークステーションが Thunderbolt と Ethernet の両方で接続されている場合、Windows は Ethernet の使用に切り替えることがあります。 これを回避し、常に高速な Thunderbolt を利用するために、NAS 名の代わりに Thunderbolt IP アドレスで接続できます。

5.2. Thunderbolt NAS を見つける

ワークステーションに接続した後、Thunderbolt NAS が Windows Explorer の「ネットワーク」に正しく表示されない場合、Thunderbolt NAS の IP アドレスを直接入力できます。 これを行うには、Thunderbolt を介して NAS に接続し、NAS の前面にある「選択」ボタンを押し、その Thunderbolt IP アドレスを特定します。

ワークステーションに接続後、NAS の前面にある「選択」ボタンを押し、Thunderbolt IP を見つけます。

5.3. Thunderbolt IP を利用し、Web 管理とネットワーク共有に接続する

Thunderbolt IP アドレスを特定したら、Web ブラウザーを開き、その IP アドレスを入力します。 必要に応じて、ポート番号を追加することもできます。 それによりコンピューターは Thunderbolt NAS で QTS を開くことができます。 Windows Explorer のアドレスバーにこの IP アドレスを入力すれば、Thunderbolt NAS でデータに直接アクセスできます。

* ワークステーションが Thunderbolt IP を利用して Thunderbolt NAS に接続できるように、Windows を最新の状態にして最新のドライバーをインストールしてください。

Thunderbolt IP を Web ブラウザーと Windows Explorer の両方に入力し、Thunderbolt 経由で NAS に接続できます。

5.4. 固定 IP を設定する

場合によっては、Thunderbolt インターフェイスに固定 IP アドレスを設定する必要があります。 たとえば、一部の動画編集ソフトウェアでは iSCSI を利用して Thunderbolt NAS に接続する必要があります。 NAS の「Thunderbolt 管理」セクションで、Thunderbolt NAS インターフェイスのアップロード速度とダウンロード速度を監視し、固定 IP を設定できます。 これを行うには、QTS コントロールパネルで「Thunderbolt NAS 管理」の「編集」アイコンをクリックします。

「Thunderbolt 管理」でアップロード/ダウンロード速度を監視し、QTS で Thunderbolt IP アドレスを変更します。
「Thunderbolt 管理」の「編集」アイコンをクリックし、Thunderbolt NAS の固定 IP を設定します。
リリース日: 2015-09-01
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
50% の人が、これは役に立つと思っています。