QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Q’center を展開するためのベストプラクティス

Q’centerは何台のNASを管理できますか?

Q’centerが管理できるNASの数に制限はありません。ただし、大量のNASを監視する際には、ハードウェア仕様が、正常に機能するためのQ’centerの機能性に影響を与えることがあります。以下の表では、監視されるNASの第数に対する推奨ハードウェア仕様が記載されています。

管理NASの第数 推奨
同じサブネット 異なるサブネットまたは接続ログが有効化されている CPU
(同等)
メモリ ディスク領域 SSDキャッシュ
1-50   4つの仮想CPU 1GB 108GB いいえ
50-100   IntelR CeleronR クアッドコア 4GB 200GB いいえ
100-500   IntelR i5クアッドコア 8GB 500GB はい
  1-100
500-1000   IntelR XeonR E3クアッドコア 16GB 1TB はい
  100-500
  500-1000 IntelR XeonR E5クアッドコア 64GB 2TB はい

注意:以下のような管理されるNASの場合には、より強力なハードウェアが推奨されます。

  • 別のネットワークまたはサブネット上のもの。
  • [QTS] > [コントロールパネル] > [システムログ] > [システム接続ログ] > [ログ記録の開始] で接続ログイングが有効化されている。

複数のNASを管理するためのQ’centerの展開のベストプラクティスについては、Q’centerのハードウェア要件を定義する2つの主なファクターがあります。

1.Q’centerは何台のNASを管理する必要がありますか?

平均では、NASは処理に1分間に200KBのデータをQ’centerに転送します。また、より多くのNASを管理すると、Q’centerサーバーの帯域幅の需要、CPU使用率、メモリキャッシュ、ディスクパフォーマンスが上昇します。ただし、管理されるNASが同じサブネット内にあれば、これらのNASのQ’center Agentはクラスタを形成することで、Q’centerにデータを送信する前に各種NAS上のデータを処理して、ハードウェア要件を低減させることができます。

以下の表では、Intel i7-6700 3.4GHzクアッドコアCPUを搭載したNAS上の異なるサブネットにある10、50、100台のNASを監視する際の使用率の違いを示しています。

NASの数 10 50 100
CPU使用率(%) 1% 1.68% 4.84%
メモリ使用率(GB) 0.9 1.02 2.47
ネットワークスループット(KB/秒) 8.6 36.64 126.73
ディスクIOPS 25 99 233

上記の表に基づくと、Q’centerが複数のNASを管理する必要がある場合、ネットワーク設定を再確認する必要があります。すべてのNASが同じサブネットに位置する場合、ハードウェア要件を抑えることができます。すべてのNASが異なるサブネットでグループ化されている場合は、推奨ハードウェア仕様が満たされていないのであれば、複数のQ’centerを展開することを考慮します。

2.Q’centerは何件のログを記録すべきですか?どれほどの機関保持される必要がありますか?

NAS設定は、Q’centerのパフォーマンスに影響を与えることがあります。より複雑なストレージ設定には、管理されるNASとQ’center間での追加データ転送が必要になります。たとえば、それぞれ管理されるNASの「接続ログの記録」を有効化すると、NASはSMB/AFP/NFS、およびiSCSIから各ユーザーの接続を記録できるようになります。そのため、Q’centerに送信されるデータが増大します。これらの設定は、CPU要件を増大させるだけでなく、Q’centerのサーバーのディスクIOPS要件も増大します。

Q’centerは、すべてのログおよび使用率の記録を管理されるNASに記録します。デフォルトのログ保持機関は6か月です。この機関を延長すると、Q’centerのストレージ容量要件も増えます。

以下の表では、接続ログを無効化/有効化した100台のNASの管理の比較を示しています。

100NASにおける接続ログ 無効 有効
CPU使用率(%) 4.84% 19%
メモリ使用率(GB) 2.47 4
ネットワークスループット(KB/秒) 126.73 307.11
ディスクIOPS 233 350

管理されるNASおよびQ’centerをセットアップする際には、管理されるNASが複雑なストレージ設定を必要としたり、接続ログを有効化する必要あるかどうかを再確認してください。増大する帯域幅の要件を管理できるようにするためにも、SSDキャッシングおよび10GbE接続性が推奨されます。また、その他のNASがQ’centerで管理される場合には、Q’centerがインストールされているボリューム/仮想ディスクの拡張を考慮するか、Q’centerサーバー上のログ保持時間を低減させてください。

リリース日: 2017-09-27
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
71% の人が、これは役に立つと思っています。