QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Qsync のファイルと文書を他の QNAP NAS にバックアップするには?

Qsync は会社や組織の生産性、共同作業能力、ファイル一元化機能を改善します。 そのため Qsync ファイルは重要であり、Qsync にバックアップソリューションを用意することも非常に重要となります。 このチュートリアルでは、Backup Station を利用して Qsync ファイルをバックアップする方法について説明します。

バックアップ先の NAS で QTS に入る:

バックアップ先の NAS にログインし、「Backup Station」に進みます。

この NAS をバックアップサーバーとして設定し、状況に合ったソリューションを選択します。 この例では、Rsync を使用します。

「Enable backup from a remote server to the local host (リモートサーバーからローカルホストへのバックアップを有効にする)」と「Allow remote Rsync server to back up data to NAS (リモート Rsync サーバーが NAS にデータをバックアップすることを許可する)」を有効にし、この Rsync バックアップサーバーのユーザー名とパスワードを入力します

「適用」をクリックし、「OK」をクリックします。

バックアップ元の NAS で QTS に入る:

バックアップ元の NAS にログインし、「Backup Station」に進みます。

「リモート複製」 > 「Rsync (ファイルレベルバックアップ)」 > 「複製ジョブの作成」の順に選択します。

このバックアップタスクに名前を付けます。

「設定」で、バックアップ先 NAS IP を入力し、Rsync バックアップサーバーのユーザー名とパスワードを入力します。

両方のホームフォルダーを選択し、このタスクの「追加」をクリックします。 管理者はバックアップの頻度とその他のオプションも設定できます。



バックアップタスクが実行されます。

バックアップジョブが完了したら、バックアップ先の NAS の File Station に進み、ファイルがコピーされていることを確認できます。

注記:

  1. Backup Station を使用できるのは管理者だけです。
  2. 「ホーム」共有フォルダーは各ユーザーのホームフォルダーの集合です。 そのため、「ホームからホームに」コピーするのが管理者として理想的なバックアップです。
  3. 共有フォルダーで「Enable sync on this shared folder (この共有フォルダーの同期を有効にする)」が有効になっている場合、データの整合性のためにこれらの共有フォルダーをバックアップしてください。
  4. ユーザーリストと構成設定は将来のバージョンでサポートされます。
リリース日: 2015-11-16
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
44% の人が、これは役に立つと思っています。