QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2015-07-06

QNAPが、SANsymphony-Vの「DataCore Ready」に認定される

2015年 7月 6 日、台湾、台北 - QNAP® Systems, Inc.は本日、同社の企業向けTVS-ECx80、TS-ECx80、TS-x79U-SAS、SS-x79U-SASシリーズTurbo NASが SANsymphony-V™のDataCore Readyに認定されたことを発表しました。SANsymphony-V™はDataCore Softwareのストレージ仮想化プラットフォームであり、IT資産の可用性と利用効率の最大化、およびデータストレージ管理の簡素化を求める組織にとって有益なものです。

「弊社の高性能ストレージがDataCore Readyに認定されたことを発表させていただくことは非常に喜ばしい限りです。」と QNAP の製品マネージャー、Jerome Jaussaud氏が語りました。「DataCore SANsymphony-Vは既存もしくは新しく購入したQNAPデバイスに新しい価値を与えるので、お客様にとっては大変有益です。」

「DataCore Ready認定は、DataCoreソフトウェア定義ストレージインフラストラクチャの強化が認められるソリューションの厳しい互換性テストプロセスの完了を認めるものです。」とDataCoreのビジネス開発/戦略的提携部門のVP、Phil Williams氏は語りました。「DataCoreとQNAPの組み合わせは、ITインフラストラクチャパフォーマンスを最大化するためにとても柔軟なソリューションを提供し、現代の企業環境において増え続け絶え間なく変化するストレージニーズを満たします。」

DataCore Readyが認定されたQNAP NASが実現するジョイントソリューションの互換性を利用すれば、10GbE機能、SSDキャッシュ、容量拡張性、スマートな簡単ストレージ管理を可能にするQTSオペレーティングシステムなど、組織はさまざまな最新のQNAP機能を活用し、ソフトウェア定義ストレージインフラストラクチャを最適化できます。 DataCore SANsymphony-Vのビジネス対応機能と組み合わせることで、組織はこのジョイントソリューションを簡単に利用し、必要なストレージパフォーマンスレベル、高い可用性、障害復旧、仮想化技術に基づく対費用効果の高いソフトウェア定義ストレージを実現できます。

詳細については、https://www.qnap.com/solution/DataCore-Ready/jp/index.php にアクセスしてください。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com