QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2014-08-18

QNAP CEOのリチャード・リー氏がNAS業界の先見者として称賛

2014 年 8 月 18 日、台湾台北市 – QNAP Systems, Inc. CEO の リチャード・リー 氏は、日本のWebサイトであるAKIBA PC Hotlineとの最近のインタビューで、ネットワーク接続ストレージ (NAS) 市場の未来を創ったその積極性、情熱、決意を称賛されました。 このインタビューではQNAPの歴史と最近の開発が取り上げられ、リー氏を「台湾のスティーブ・ジョブ」と評したAKIBA PC Hotlineに強い印象を与えました。

「QNAPの目標は、無限の力を備えたNASをアジアのイノベーションから生まれた製品とすることです。」と、QNAP CEOのリチャード・リー氏は語りました。 ハードウェア分野の豊富な経験と強力な技術基盤を持つQNAPは、ビジネスNAS市場に限定されていた顧客層を拡大し、今ではSMBと一般ユーザーの分野で業界をリードするに至りました。「一般ユーザーにとって重要な機能性と操作性を考慮しながら、QNAPは2013年にQTSファームウェアを発表し、ITのトレーニング経験や知識に関係なく、普通のユーザーが直観的に簡単に操作できるWebベースのオペレーティングシステムを提供しました。」と、リー氏は加えました。

NASの将来について問われたリチャード・リー氏は、ためらうことなく自分の構想を紹介しました。「NASの将来はソフトウェアにあります。マルチウィンドウ仕様でマルチタスク機能を搭載し、PC やスマートフォンで離れた場所からアクセスできるものでなければなりません。 もう1つの重要な要素はマルチアプリケーションです。iOSやAndroidと同様に、QTS App Centerでは現在、120を超える「オンデマンドインストール」アプリケーションを揃えています。この豊富なアプリケーションがQNAP Turbo NASの機能性をさらに拡張します。」と、リチャード・リー氏は語りました。

「Internet of Things (IoT/モノのインターネット) という構想の人気がますます高まる中、QNAPもまた、Turbo NASが提供する豊富なアプリケーションを活用し、IoT開発センターを構築しています。「たとえば、ウェアラブル機器が記録した心拍数やカロリー消費量などのデータをNASに保存し、App Centerからダウンロードしたアプリでそのデータを分析すれば、自分の健康状態をさらに効率的に管理することができます。」と、リチャード・リー氏は話しました。

このインタビューの間、リチャード・リー氏は、最新のQNAP製品と業界のトレンドについても紹介しました。インタビューの全容は、http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/sp/20140624_654180.html でご覧いただけます。

 

 

QNAP Systems 株式会社について

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com