QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2012-12-21

QNAP Security、VioStorファームウェアv4.0.0をリリースして、新しい管理インターフェイスとブラウザ間サポートを導入

2012年12月21日、台北、台湾 – 専門のLinuxベースのスタンドアロン型NVRプロバイダーであるQNAP® Securityは本日、新しいVioStor NVRファームウェアv4.0.0を発表しました。 同社は、新設計のユーザーインターフェースを導入するとともに、ブラウザ間を強化し、監視管理と運用の使いやすさを向上させます。

優れたユーザー体験を提供するため、QNAP VioStor NVRはユーザーインターフェースの設計を改良して最適なワークフローを実現します。 IPカメラ管理リストは、より直感的な操作を可能にするユーザー志向の概念により向上しています。 IPカメラの見やすいリストがあれば、特定のカメラをクリックするだけでライブビューを簡単に取得し、PTZ機能をサポートしているカメラを素早く識別できます。 さらに、コントロールパネルを管理ユーザーインターフェース上の希望の場所にドラッグアンドドロップすることもできます。 VioStor NVRは、ライブ監視用に最大64チャンネルの表示モードを、再生用に16チャンネルの表示モードをサポートし、実際的なリアルタイムシステム警告とEマップ機能を提供し、ユーザーが強力な監視システムを体験する際は管理の利便性を向上させます。

「ファームウェアv4.0.0に導入される新しいユーザーインターフェースは、直観的な操作と簡単なカメラ管理により極めて使いやすくなっている」とQNAP Securityの製品マネージャーAndrew Yu氏は述べています。 「VioStor NVRシステムは操作が容易になり、特に復数サイトにおける各種IPカメラの配置では、マルチサーバー監視を通して復数のIPカメラを管理できる」。

また、VioStorファームウェアv4.0.0では、ブラウザ間サポートが強化されています。 Internet Explorerだけでなく、 Google Chrome、Mozilla Firefoxなどの他のブラウザを通してアドオンをインストールするか、またはスタンドアロンアプリケーションであるQNAP Surveillance Client for Windowsをインストールすることで、PCユーザーはVioStor NVR サービスを利用できるようになります。 「QNAP Surveillance Client for Macと組み合わせることで、 VioStor NVR はそれ自身を、各種オペレーティングシステムのユーザーを満足させる柔軟な監視ソリューションとなっている」と、Yu氏は続けます。

さらに、VioStorファームウェアv4.0.0はより多くの新しいIPカメラのブランドと、追加で130の互換IPカメラ機種もサポートしています。 拡張されたIPカメラ互換性リストにより、ユーザーはより多くのIP監視システムの配置時に適切なIPカメラを自由に選択できるようになっています。

可用性

VioStor NVR は、1つの総合パッケージにストレージとセキュリティ監視機能を組み合わせています。 VioStor v4.0.0ファームウェアのアップグレード版をダウンロードするには、http://www.qnapsecurity.com/download.aspアクセスしてください。

VioStor NVRの詳細情報については、www.qnapsecurity.comアクセスしてください。http://www.qnapsecurity.com/App_Video05.aspでNVRの紹介フィルムをご視聴ください。

QNAP Securityについて

Linuxを組み込んだNVRを世界で初めて開発したQNAP Securityは、その受賞歴のあるストレージとRAIDの技術を利用して、最も革新的なローカルディスプレイスタンドアロンNVRを提供しています。 このシステムは、多様な環境の下でリモート監視、記録、および監視タスクを目覚ましく安定させるだけでなく、作業を大幅に簡素化します。  さらに、QNAPソリューションがあれば、利用者は、従来のCCTVの解像度に制約されることなく、様々な状況に合わせて適切なネットワークカメラを選ぶことができます。 VioStor NVRに関する詳細が必要な場合、www.qnapsecurity.comにアクセスしてください。