QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2011-08-17

QNAP社、QDKバージョン2.0.1で、ユーザーによる Turbo NASの機能拡張を奨励

台北(台湾) 2011年 8月 17日- QNAP® Systems 株式会社は、本日、QDK (QPKG開発キット)バージョン 2.0.1が利用可能であることを正式に認め、Turbo NASユーザーが、ソフトウェアパッケージを使いやすいツールで開発して機能を拡張してゆくことを奨励しました。

QDKは、QNAPコミュニティの活発なユーザーである Michael Nordström 氏により開発されました。 QDKは、QNAP QPKGファイルをビルドし、Turbo NAS用のアプリケーションを作成するために使用されます。 QPKGファイルは、パッケージのインストールおよびアンインストールを容易にします。 また、Turbo NAS上へのパッケージインストール方法に関して、パッケージ保守担当者が管理しやすくなります。

「QDKの主な設計の到達点は、パッケージ保守担当者が簡単にQPKGファイルを作成できるようにすると同時に、より高度なパッケージをサポートすることである。」と、Michael Nordström氏は言いいます。

QNAP QPKGパッケージは、QNAPコミニュティで開発されており、幅広く共有されています。 「QNAP社が検証したものは、当社のウェブサイトでダウンロードすることが可能になります。」と、QNAP 社製品マネージャーの Jason Hsu 氏は言います。 「Michael Nordström氏の努力のおかげで、当社のユーザーに新たに利用可能な QDKバージョン2.0.1の活用を奨励し、Turbo NAS用により創造的で、生産的なアプリケーションを作成できるようになりました。」

ライセンス

QDKは、GPLの下で配布され、完全にオープンであり、誰でも利用可能です。

利用可能

http://wiki.qnap.com/wiki/QPKG_Development_Guidelines
/jp/index.php?lang=jp&sn=741

QNAP Systems 株式会社について

QNAP Systems 株式会社は、2004 年に設立された株式非公開会社であり、家庭用ネットワークメディアプレーヤー、世界クラスのネットワークストレージ、および、一般消費者、中小企業そしてハイエンドの SMB 市場向けのプロ用 NVR ビデオ監視ソリューションに特化している。 QNAP 社は、ハードウェア設計だけでなく、市場の製品に焦点を合わせ、高性能と信頼性、拡張性、そして容易な設置と利用を全て両立させるソフトウェアエンジニアリングの中核業務に投資している。QNAP 社は、台北(台湾)に本社を、支店事務所を中国と米国に置く多国籍企業である。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com