QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

オンライン RAID レベル移行

「RAID ボリュームを拡張または移行するときサーバーは停止しません」

現代企業に対する新たな課題

現代企業にとって、最大の課題の一つは、作業効率を向上させるために、重要なデータを保護かつ共有する信頼性の高いネットワーク接続ストレージサーバーを選択かつセットアップすることです。 一方、データをバックアップすることにより、データ喪失のリスクを低減する必要性も高まっています。 企業が成長するにつれ、企業の変化する需要を満たすため、データバックアップ方針を適応することが必要になっています。

QNAP Turbo NASは、現代企業のために高性能かつ低TCO(総所有コスト)のストレージソリューションを実現します。 クラス最高のハードウェア仕様と使いやすいアプリケーションに加えて、QNAP Turbo NASは、オンラインRAID容量拡張(例えば、3台の500GBハードドライブを3台の1TBハードドライブに交換するなど)およびオンラインRAIDレベル移行(例えば、RAIDレベルをRAID 1からRAID 5に移行するなど)などの革新的な機能を提供します。 これらの高度な機能は、大きな予算を有する企業が排他的に使用してきましたが、QNAPは、直感的な方法を実装し、多くの企業がこれらの強力な機能を利用できるようにしました。

以下のシナリオは、企業が、オンラインRAIDレベル移行とオンラインRAID容量アップグレードからメリット享受する方法を示します。

使用事例

オンラインRAIDレベル移行により、ユーザーは、異なるRAID構成に移行することができます。 移行プロセスは、NASをオフに切り替えたり、データを喪失したりすることなく行うことができます。

オンラインRAIDレベル移行は、次のRAID移行をサポートします:

  • シングルドライブからRAID 1
  • RAID 1からRAID 5
  • RAID 5からRAID 6

使用事例

  • Jeffreyは、TVS-882の初期セットアップに2台の500GBドライブを投資し、2台のドライブをRAID 1構成で使用していました。 TVS-882は、部署間で共有するデータのファイルサーバーとして使用されます。
  • 6カ月後、彼の部門のストレージニーズが大きく増加しました。 TVS-882の現在のストレージ容量では、もはや十分ではありません。 Jeffreyは、ディスクにRAIDグループを追加し、RAID構成をRAID 5に移行することにより、データの冗長性を失うことなく、ストレージ容量をアップグレードすることを計画しました。

これを行うには、次が必要になります:

  • 現在のRAIDアレイ内の既存のドライブと少なくとも同じ容量を有するハードドライブを準備します。
  • RAID 移行を実行します(ドライブを追加することにより、システムをRAID 1からRAID 5に移行します)。

ストレージマネージャー」 > 「ストレージ空間」に進みます。 アップグレードするストレージプールを選択し、「管理」をクリックします。 「ストレージプール管理」ウィンドウが起動します。 ページに表示されている現在のディスクボリューム構成は、RAID 1です(RAID容量は、500GBです)。

新しい500GBハードドライブをNASに挿入します。

ストレージプール管理」ウィンドウで、「管理」 > 「移行」をクリックします。

アレイに追加する利用可能なハードドライブを選択します。 移行後、RAID移行タイプとドライブ容量が表示されます。 「適用」をクリックして続行します。

注記: RAID移行順序は、シングル > RAID 1 > RAID 5 > RAID 6 にする必要があります

選択されるディスク上のすべてのデータが消去されます。 「OK」をクリックして確定します。

移行の進捗状況が、「ステータス」の下に表示されます。

注記: 移行プロセスが、11%~49%の間は、ストレージプールは「読み取り専用」モードになります。

移行完了後、新しいドライブ構成は、RAID 5となり、ステータスは、「準備完了」になります。 現在、新しいドライブ構成の利用を開始できます。

ドライブのサイズに応じて、このプロセスには、完了するまで数時間から数十時間かかる場合があります。 プロセスが完了するまでお待ちください。 NASをオフに切り替えないようにしてください。

オンラインRAIDレベル移行とRAID容量拡張を一緒に使用する

ケースシナリオ

  • Jeffreyは、可能な限り早くFTPおよびファイルサーバーをセットアップしたいと考えていました。
  • 当初の計画は、3TBのストレージ容量のRAID 5ネットワークデータセンターをTVS-882で設置することでした。
  • Jeffreyは、1台の250GBハードドライブのみを有しており、TVS-882をシングルディスク構成でのみセットアップすることができました。
  • 現在、Jeffreyは、停止時間やデータ喪失なく、TVS-882のディスク構成をRAID 5にアップグレードし、総ストレージ容量を3TBに拡張することを計画しています。

Jeffreyは、4台の1TBドライブを購入し、NASに3台のドライブを挿入しました。 彼は、オンラインRAIDレベル移行を実行し、システムをシングルディスクからRAID 1に移行します。新しくインストールされた1TBドライブの1台を移行中にRAIDに追加します。 ミラーリングされるRAIDの総ストレージ容量は、250GBのままですが、現在、冗長性を有しています(RAIDサイズは、アレイ内の最小容量のドライブにより制限されます)。

次に、Jeffreyは、オンラインRAIDレベル移行を実行し、システムをRAID 1からRAID 5に移行します。NASの2台目の1TBドライブがRAIDに追加されます。 現在、RAIDの総ストレージ容量は500GBです(250GB x 3 - 250GB(冗長性))。

ディスク追加機能を使って、NASの3番目の1TBドライブをRAIDグループに追加します。 現在、RAIDストレージ容量は750GBです。

Jeffreyは、オンラインRAID容量拡張と250GBハードドライブの1TBドライブでのホットスワップを実行します。 最終的なRAIDストレージ容量は3TBです(1TB x 4 - 1TB(冗長性))。

リリース日: 2013-04-22
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
56% の人が、これは役に立つと思っています。