TDS-16489U :: QNAP

Language
TDS-16489U
デュアルIntel® Xeon® E5 CPU内蔵のデュアルサーバーによる計算処理とストレージ
ホーム > 製品概要 > 大企業 > TDS-16489U > TDS-16489U
機能 仕様 ユーティリティ 人気のダウンロード
QNAPは同社の革新的技術をビジネスサーバーの分野に応用したTDS-16489Uを発表します。これはアプリケーションサーバーとストレージサーバーを1つの筐体で統合した高性能デュアルサーバーです。TDS-16489Uは2つのIntel® Xeon® E5プロセッサーと1TB まで拡張可能なRAMを備え、そのサーバー級のハードウェア設計では、ミッションクリティカルな作業を最適な方法で処理し、ビッグデータの計算処理でその比類なき性能を大いに発揮します。自動階層機能と12Gb/s SASドライブを備えた40GbE対応のTDS-16489Uは、前例のない効率的で拡張性のある階層型ユニファイドストレージソリューションを実現し、プラットフォームに依存しないファイル共有、バックアップ、iSCSIと仮想化アプリケーション、毎日の実用的ビジネスニーズを満たします。
  • 1つの筐体で仮想マシンをホストし、仮想化ストレージを収容するコスト効率の良いデュアルサーバー
  • 優れた性能:毎秒3,800+MBのスループットと260,000+IOPS
  • サーバーグレードのハードウェア設計: 2つのプロセッサー、3つのSASコントローラー、4つのSFP+ 10GbEポート、10/40GbEスロット、PCle SSD NVMe、IPMIとGPUによる仮想化
  • Qtier技術による自動階層機能でストレージ効率を最適化
  • NASとiSCSI/IP-SANストレージによるデータストレージ、バックアップ、共有、災害復旧
  • 5 年の保証 - グローバル保証を含む

ビジネス対応のデュアルサーバー–ひとつの筐体で計算処理とストレージを兼用

仮想化導入では通常、適切な環境の構築に高性能アプリケーションサーバーと大容量ストレージサーバーが求められます。iSCSIまたはNFSプロトコルで仮想化環境をストレージに接続するには、10GbEまたは40GbEのネットワークが必要になります。 QNAPの高性能TDS-16489Uでは、これらすべての機能が1つの筐体内で結合され、包括的なデュアルサーバーが構築されています。Windows® やLinux®など、複数のゲスト OSをVirtualization Stationで実行したり、コンテナー化されたアプリをContainer Stationで実行したり、内部12Gb/s SASインターフェイスを介してTDS-16489Uにあらゆるデータを直接保存したりできます。デバイスを1つとするソリューション、優れたアプリケーション性能、ストレージの低いTCOでお金を節約して場所を取りません。

2つのIntel® Xeon® E5 CPUによるビッグデータソリューション

2つのIntel® Xeon® E5-2600 v3プロセッサー (4コア、6コア、8コア構成)、最大1TB のDDR4 2133MHz RDIMM/LRDIMM RAM (16 DIMM)、毎秒12GbのSASドライブで抜群の性能を与えられたTDS-16489Uは、データ転送とアプリケーションに優れたパフォーマンスをもたらします。CPUを集中的に利用するタスクや毎日のアプリケーションニーズを処理するパワーを提供するTDS-16489Uの比類なき性能を利用すれば、企業や組織のビッグデータの計算処理機能が改善され、さらなる洞察力、ビジネスチャンス、価値が与えられます。

サーバーグレードのハードウェア設計。堅牢・高信頼性・革新性

高性能、簡単なIT管理、止まらないサービス、仮想化環境の最適化を求める企業に最適なTDS-16489Uは、そのようなニーズを満たす高度なハードウェア仕様で設計されています。

デュアルプロセッサーによるビッグデータ処理

TDS-16489UはIntel® Xeon® E5-2600 v3プロセッサーを2つ搭載し、パフォーマンス要求の大きいビッグデータ処理機能が高く、複雑で要求の多い作業負荷に対処できます。

16 RDIMM/LRDIMM、最大1TB

16個のメモリスロットで最大1TBのDDR4 RDIMMをTDS-16489Uに取り付けることができます。

  • 64 GB (8GB x 8 = 64GB RDIMM)
  • 128 GB (16GB x 8 = 128GB RDIMM)
  • 256 GB (32GB x 8 = 256GB RDIMM)
  • 512 GB (64GB x 8 = 512GB RDIMM)
  • 1 TB (64GB x 16 = 1TB RDIMM)
独立型SAS 12Gb/sコントローラーでI/Oパフォーマンスを改善

エキスパンダー付きのSASコントローラーを利用し、サポートされるドライブの全容量を1台のコントローラーで活用する代わりに、TDS-16489UではマルチSASコントローラーを採用し、接続性とパフォーマンスを改善することで合理的なアーキテクチャを実現します。TDS-16489UはLSI 12Gb/s SASコントローラーを3つ備えており、各コントローラーに12Gpbs SASのポートが7つあります。最大16台のHDDと4つのSSDに接続し、各コントローラーで最大帯域幅を完全活用し、最適なパフォーマンスと信頼性が得られます。

グラフィックカードのサポートによる仮想化

16個あるPCIe Gen.3スロットにはAMD Radeon™ R7またはR9シリーズのグラフィックカードを接続し、仮想化アプリケーションのGPUパススルーに対応できます。IOMMUでは、仮想マシンにAMD GPUを接続できます。グラフィックアプリケーションのために複数の仮想マシンを実行するとき、ゲストOSのイメージ/モーション処理能力が与えられます。

10 / 40GbEカード対応

TDS-16489Uは40GbE対応ソリューションであり、iSCSIまたはNFSプロトコルで最大のパフォーマンスを引き出し、劇的に変化し、負荷の多い仮想化計算処理環境の潜在的ボトルネックに対処します。

PCIe SSD NVMeによるキャッシュ加速

NVMe (非揮発性メモリ Express) はPCIeバスで取り付けられるSSD用に開発された高度なインターフェイス/プロトコルです。TDS-16489UはPCIe SSD NVMe対応であり、最大10倍のIOPSパフォーマンスを実現し、I/O待ち時間を3分の1に短縮し、ランダムIOPS要求の多いアプリケーションのワークフロー全体を改善します。

12Gb/s SAS HBA対応

12Gb/s SAS HBAを取り付けると、12Gb/s mini SASインターフェイスが2つ追加され、12Gb/s対応の拡張エンクロージャー (REXP-1620U-RPとREXP-1220U-RP) を接続できます。将来、ストレージデプロイを拡大する際にも安心です。

4 x 2.5” SSDによるキャッシュ

TDS-16489Uは背面に追加2.5”ディスクトレイを4つ備え、ハードドライブの場所を取らずにSSDキャッシュ機能を追加できます。高性能SSDを取り付けることで、ストレージボリュームのIOPS性能が大幅に上がり、データベースや仮想化など、ランダムIOPS要求の多いアプリケーションに最適となります。

IPMIでサーバー管理が簡単に

IPMI (Intelligent Platform Management Interface/インテリジェントプラットフォーム管理インターフェイス) では、システムの温度、電圧、ファンなど、TDS-16489Uのハードウェアをインテリジェントに監視・制御し、ログに記録できます。 IPMIはQTSオペレーティングシステムから独立して動作します。システムが停止したとき、管理者は離れた場所からTDS-16489Uを管理できます。IPMIはWebベースの管理インターフェイスを提供し、離れた場所からシステムを停止したり、再起動したり、ハードウェアを監視し、ログに記録したりできます。

10GbE SFP+ポートを4つ装備

10GbEネットワークは、仮想化アプリケーション、データのバックアップ/復元、大量のデータ転送で大きな効果をもたらします。TDS-16489Uは10GbE SFP+ポートを4つ備えており、最適なシステムパフォーマンスを実現します。企業は仮想化環境を柔軟に構築し、生産性を上げることができます。

40GbE対応ソリューションを構築し、計算処理やストレージに活用

TDS-16489UはMellanox® ConnectX-3 Proアダプターカードと10/40/56 Gigabit Ethernet 接続に対応しており、Ethernet相互接続によるコスト効率に最も優れた計算処理とストレージのソリューションを実現します。高性能の内蔵I/Oアプリケーションと仮想化加速に必要な非常に高いスループットを達成します。企業にとって40GbE対応TDS-16489Uの高速かつ柔軟なストレージネットワークの利点は多く、ミッションクリティカルなITパフォーマンスが上がります。

Qtier技術により自動階層を実現

QNAPのQtier技術はTDS-16489Uの自動階層機能を強化し、ストレージ効率性を継続的に最適化します。自動階層機能を備えたTDS-16489Uは頻繁にアクセスされるデータを高性能ストレージ階層に自動的に移し、アクセス頻度の少ないデータを安価で容量の大きいドライブに移します。TDS-16489Uが極めて効率的な共有リソースとなります。企業は高額なFlash技術に大きな投資をする必要がなくなり、TDS-16489Uの自動階層機能により、ストレージの優れたアプリケーションパフォーマンスを低いTCOで利用できます。

追加情報: Qtier

QTS - 簡単で効率的

QTSの直観的なユーザーインターフェイスにより速く、賢くなったNASをご利用いただけます。その現代的なフラット設計が読み込み時間を短縮し、インテリジェントなデスクトップでは、必要な機能をすばやく探し出し、デスクトップショートカットやグループショートカットを作成し、リアルタイムベースで重要なシステム情報を監視し、複数のアプリケーションウィンドウを開いて複数のタスクを同時に実行することで、作業効率を大幅に改善できます。

追加情報: QTS

ビジネスサーバーのための仮想化ソリューション

QNAP Virtualization StationはKVM (カーネル仮想マシン) インフラストラクチャを来ボンとする仮想化プラットフォームであり、Windows®、Linux®、UNIX®、Android™ 仮想マシン(VM)で複数のOSを実行できます。Linuxカーネル、GPUパススルー、仮想スイッチ、VMインポート/エクスポート、スナップショット、バックアップと復元、SSDキャッシュアクセラレーション、階層化ストレージを共有することで、Virtualization StationはTDS-16489Uにストレージ/アプリケーションサーバーとしての機能を与えます(Microsoft® Exchange Server、Microsoft® SQL Server®、Active Directory Windows Server®など)。潜在能力を最大限に活用し、サーバー計算処理に最適な仮想化環境を構築できます。

仮想マシンやコンテナー化されたアプリを利用し、GPUパススルーで計算処理能力を上げることで、Apache™ Hadoop®やApache Spark™のようなビッグデータの管理と分析のソフトウェアフレームワークをTDS-16489Uで簡単に運用できます。TDS-16489Uの高い性能を利用すれば、アナリストや情報の専門家は性能不足に邪魔されることなく自分の仕事に集中できます。

追加情報: Virtualization Station, P2V (Physical to Virtual)

Double-Take AvailabilityでVMの障害回復

TDS-16489Uはサーバー級の仮想化環境を提供するだけでなく、Double-Take Availabilityにも対応しており、包括的な高可用性と障害回復機能を提供します。Virtualization Stationを利用すれば、プライマリ物理サーバーのパッシブバックアップ仮想マシンを構築できます。または2台の仮想マシンを構築し、1台をアクティブシステムに、もう1 台をパッシブシステムにすることができます。バックアップ仮想マシンは、データの保護とサービスの継続が必要になったとき、プライマリシステムにフェールオーバー機能を提供します。Double-Takeを利用したバックアップ環境では、増分データがリアルタイムで複製され、データの移行に必要な時間が大幅に短縮され、帯域幅消費が減ります。

Container Station – LXCコンテナーとDockerコンテナーを統合

QNAP Container Stationは独自の方法でLXC とDocker®の軽量仮想化技術を統合します。TDS-16489Uで複数の分離Linuxシステムを運用したり、内蔵されているDocker Hub Registry®からアプリをダウンロードしたりできます。コンテナーのインポート/エクスポート、アクセス許可設定、情報ダッシュボード、柔軟なユーザーインターフェイスに対応しており、複数のコンテナーを管理できます。驚異的なContainer Stationを体験し、TDS-16489Uで仮想コンテナーを快適にご利用ください。

追加情報: Container Station

包括的な仮想化アプリケーションのストレージ

TDS-16489UはVMware® ESXiとCitrix® XenServerに対応し、Microsoft® Hyper-V®とWindows Server 2012®に互換性があり、仮想化環境における柔軟な展開と管理を可能にします。TDS-16489UはVMware VAAIとMicrosoft ODXをサポートし、それぞれでESXiサーバーとHyper-Vのサーバー負荷を分散します。また、QNAP vSphere ClientプラグインとQNAP SMI-Sプロバイダーをサポートし、仮想化アプリケーションの運用と管理の効率性を改善します。TDS-16489Uはまた、DataCore™ SANsymphony™-Vソフトウェア定義ストレージインフラストラクチャに準拠しており、組織はIT資産を最大限に活用し、データストレージを1箇所で集中管理できます。

追加情報: VMware® Ready™, Citrix® /Ready™, Microsoft® Hyper-V™, VMware VAAI, Microsoft ODX, SMI-S provider for Microsoft SCVMM, DataCore™対応

統合リモートサーバー管理ソリューション

QRM+はITチーム向けに設計されたQNAPの集中リモートサーバー管理ソリューションです。1箇所にいながら、ネットワーク内にあるあらゆる重要なコンピューター機器 (サーバー、PC、シンクライアントなど) を検出、マッピング、監視、管理できます。IT管理者は同じネットワークの内外にある複数のクライアントからすべてのミッションクリティカルなサーバーを管理できます。QRM+はカスタマイズ可能なダッシュボードを備えており、サーバー管理を簡単にします。ミッションクリティカルなサーバーの状態を効果的に把握したり、検出したデバイスをグラフィカルなトポロジー図にマッピングしたりできます。また、リモートKVMソリューションを実現し、IPMI とKVMを録画/再生できます。

Note: Will be available by end of year 2016

強力なQNAPフレキシブルボリューム

QNAPフレキシブルボリュームは、NASデータの保存により安全で柔軟な手法を提供します。この次世代のボリュームはマルチRAIDグループ保護によるストレージプーリング、領域を再生できるシンプロビジョニングボリューム、ブロックレベルのiSCSI LUN、オンラインの容量拡張など、強力な機能を提供します。QTS Storage Managerにはシステムストレージ管理のツールとオプションがわかりやすく表示されるので、NAS容量拡張とQNAP RAID拡張エンクロージャ管理がシンプルになります。

追加情報: QTS Storage Manager, QNAPフレキシブルボリューム

シームレスな容量拡張

TDS-16489Uでは、複数のQNAP RAID拡張エンクロージャーをカスケード接続し、容量をオンライン拡張できます。企業はビッグデータの容量計画でROIを最大化できます。 QNAP拡張ソリューションを利用することで、ストレージの合計容量を必要に応じて徐々に拡張できます。ビデオ監視、データのアーカイブ、テレビ放送ストレージなど、データを大量に処理するアプリケーションにも役に立ちます。

QJBOD Express (JBOD エンクロージャーローミング)* を利用すれば、ネットワーク接続がなくても、大容量のQNAP拡張エンクロージャーをTDS-16489Uに接続し、JBODエンクロージャー経由で別のNASにデータを移行できます。

QNAP拡張エンクロージャーを接続して利用できる最大SSD/HDD数:

NASモデル RAID拡張 エンクロージャー RAID拡張エンクロージャー数 合計HDD数(NAS +エンクロージャー)
TDS-16489U REXP-1620U-RP 8 144
7 128
6 112
5 96
4 80
3 64
2 48
1 32
REXP-1220U-RP 8 112
7 100
6 88
5 76
4 64
3 52
2 40
1 28

* 移行先のNASがJBOD構成に対応している必要があります。ストレージプールのRAIDグループを複数のエンクロージャーをまたいで構築することはできません。

追加情報: QNAP拡張エンクロージャー

プラットフォームに依存しないファイル共有、集中的データストレージ

TDS-16489Uは、Windows®、Mac®、Linux®/UNIX®ネットワーク間でファイルを共有するためのSMB/CIFS、NFS、AFPプロトコルをサポートします。CDとDVDのデータ、ログ、ISOイメージはTDS-16489Uに集中的に保管され、統合アンチウイルスソリューションで保護されます。Windows AD®とLDAPサービスを利用すれば、システム管理者は既存のWindows ADサーバー、LDAPサーバー、NAS内蔵LDAPサービスを利用し、ユーザーのアクセス権を設定できます。TDS-16489UはSAMBA v4をサポートし、Windows®のドメインコントローラーとして機能できます。

追加情報: Windows Active Directory (AD), LDAP Directory Service, Antivirus, ISO share, ISO共有 、Syslogサービス

データの安全を守る多機能バックアップソリューション

QNAP NetBak ReplicatorはWindows®のデータをリアルタイムとスケジュールでバックアップできます。Outlookの電子メールもアーカイブできます。Apple Time Machine®もサポートされているので、Mac® OS Xユーザーは簡単にTDS-16489Uにデータをバックアップできます。Acronis® True ImageやSymantec® Backup Execなど、さまざまなサードパーティ製のバックアップソフトウェアもサポートされています。

追加情報: NetBak Replicator, Time Machineバックアップ, サードパーティ製のバックアップソフトウェアの互換性

ボリューム/LUNスナップショットで簡単復元

QTS Storage Managerは使いやすいWebベースのスナップショットツールを備え、TDS-16489Uのデータをバックアップし、特定の時点に復元できます。重要なデータを失うことがありません。ボリュームとLUNの両方のスナップショットを撮影し、変更だけをコピーすることでボリューム/LUNスナップショットをリモートサーバーに効率的に複製し、ローカルボリュームとしてボリューム/LUNスナップショットのクローンを作成できます。現在のシステム操作を中断することがありません。ファイルが開いているときでもRTRR/rsyncでバックアップする前にボリュームのスナップショットを自動撮影するように設定することもできます。

安心をもたらす障害復旧ソリューション

TDS-16489Uはさまざまなデータ復旧オプションを提供します。RTRR (Real-Time Remote Replication)を利用すると、リモートのQNAP NASまたはFTPサーバーにデータをリアルタイムでバックアップしたり、リモートバックアップのスケジュールを設定したり、ローカルフォルダーからリモートフォルダーにファイルを同期したりできるので、バックアップの効率が上がり、バックアップにかかる時間が短縮されます。バックアップのバージョン管理を利用し、特定の数のバージョンを保存することもできます。rsyncプロトコルをサポートし、定期的に別のリモートサーバーにデータをバックアップできます。データはAmazon® S3、Amazon® Glacier、Microsoft® OneDrive、Microsoft® Azure、ElephantDrive®、Google Cloud Storage™を含む広範なクラウドストレージサービスとの間でバックアップや復元をすることもできます。

追加情報: RTRR, rsync, クラウドストレージバックアップ

包括的なセキュリティオプション

オープンネットワーク環境では、ビジネスデータがハッキングの脅威にさらされる可能性があります。TDS-16489Uは、暗号化アクセスやIPブロッキングなど、たくさんのセキュリティオプションを提供します。さらにIT管理者はさまざまなフォルダーに対する各ユーザーのアクセス権を制御し、重要なファイルへの無許可アクセスを防ぎます。TDS-16489Uは軍事レベルのFIPS 140-2 AES 256ビット暗号化で認証されるので、ハードドライブやシステム全体が盗まれた場合でも、無許可アクセスや不法行為からビジネスの機密データを守ります。

追加情報: 暗号化アクセス, IPブロッキング, ハードドライブ暗号化

Q'centerで複数のNASを監視し、管理する

Q'centerを利用すれば、TDS-16489Uが中央管理システムに変わり、複数のQNAP NASユニットを管理できます。QTS App CenterでQ'centerをインストールすれば、TDS-16489Uを利用し、複数拠点のQNAP NASを中央管理し、システムログを監視したり、ファームウェアの更新と保守を管理したりできます。使い勝手が良い、費用対効果が高い、便利である、柔軟性があるなどの利点があります。簡単かつ効率的な方法で複数の QNAP NASを管理できます。

追加情報: Q’center

動画編集のための高性能ストレージソリューション

デジタルビデオの制作は膨大な量のデータを生成し、要求の多いビデオ編集ニーズに応じるために、スループットが持続する高性能なストレージが必要になります。TDS-16489Uは高速の10/40GbEネットワークインターフェイスでストレージとビデオ編集の要件を満たします。ビデオはネットワーク経由でTDS-16489Uにすばやく保存し、直接編集できます。

複数のデバイス間でファイルを同期する

Qsyncユーティリティを利用すれば、TDS-16489Uは安全なデータセンターに変わり、大容量のストレージでファイルを同期します。TDS-16489Uにアップロードされたファイルは、コンピュータ、ラップトップ、モバイル機器など、リンクされているすべての機器で利用できます。Qsyncは特に、旅行する機会が多い人にとってファイルの管理に便利であり、さまざまな機器に最新のファイルを置くことができます。Qsyncでは、さまざまな方法でファイルを同期したり、グループファイルを共有したりできるので、共同作業の柔軟性が大幅に上がります。

追加情報: Qsync

年中無休のセキュリティを実現する包括的監視ソリューション

Surveillance Stationは使いやすい管理インターフェイス、3,000種を超える広範囲な IPカメラモデルとの互換性、拡張可能IPカメラチャンネルライセンス を含む、プロフェッショナルな監視ソリューションです。幅広いカスタマイズ可能な設定でリアルタイム監視と動画と音声の録画と再生をサポートします。VmobileアプリをiOS®またはAndroid™の携帯機器にインストールし、いつでもどこからでも監視チャンネルを管理し、オフィス環境を守ることができます。Vcamアプリをインストールすれば、モバイルデバイスがネットワークカメラに変わり、身の回りの瞬間をすぐにTDS-16489Uに記録できます。

追加情報: Surveillance Station

追加のSMB対応機能

TDS-16489U は、対費用効果の高いオールインワンのTurbo NASとして、さまざまなビジネスアプリケーションをサポートします。

Turbo NASはFTPサーバーをサポートし、大容量のファイルを共有できます。帯域幅制限、接続数、書き込み専用アクセス権など、さまざまな設定をユーザーが定義できます。
Turbo NASはVPNサーバーをサポートします。このサーバーを利用すると、IT管理者は簡単に安全なプライベートネットワークを構築し、職員にオフィスの外からログオンし、ファイルやインターネット接続などビジネスリソースに安全にアクセスするための許可を与えることができます。

その他 のビジネス機能に関する詳細は、ここをクリックしてください。

オプショナルアクセサリ

ストレージ拡張アクセサリ

REXP-1620U-RP
  1. 3U 16ベイRAID拡張エンクロージャー
  2. 最大8つのREXP-1620U-RPをTDS-16489Uに接続できます。

REXP-1220U-RP
  1. 2U 12ベイRAID拡張エンクロージャー
  2. 最大8つのREXP-1220U-RPをTDS-16489Uに接続できます。

SAS-12G2E

デュアルワイドポートストレージ拡張カード、SAS 12Gbps。

注記: RAID拡張エンクロージャーに接続するには、ストレージ拡張カードをNASに取り付ける必要があります。

CAB-SAS10M-8644
ミニSAS外部ケーブル (SFF-8644 ~ SFF-8644)、1.0 m

CAB-SAS05M-8644
ミニSAS外部ケーブル (SFF-8644 ~ SFF-8644)、0.5 m
SFP+ DAC Cable

CAB-DAC15M-SFPP-A02
SFP+ Direct attach cable 1.5m
レールキット

RAIL-A03-57
A03シリーズ (筐体) レールキット、最大荷重 57 kg
LANカード

LAN-10G2T-X550
デュアルポート10GBase-Tネットワーク拡張カード (ラックマウントモデル、薄型ブラケット用)

LAN-1G2T-I210
デュアルポートギガビットネットワーク拡張カード (ラックマウントモデル、薄型ブラケット用)
RAM

RAM-8GDR4-RD-2133
QNAP 8GB DDR4-2133 R-DIMM RAMモジュール

RAM-16GDR4-RD-2133
QNAP 16GB DDR4-2133 R-DIMM RAMモジュール

RAM-32GDR4-RD-2133
QNAP 32GB DDR4-2133 R-DIMM RAMモジュール
USB 3.1 カード

USB-U31A2P01
QNAP USB 3.1第二世代 (10Gbps) Type-A デュアルポートPCIeカード

注記:QTS 4.3.0またはそれ以上が必要です。