QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2017-02-10

QNAP、IFTTTと協力してNASの生産性を向上

台北 (台湾)、2017年 2月 10日 - QNAP® Systems, Inc.は、本日、QNAP NAS用IFTTT Agentをリリースしました。 IFTTT (If This Then That) は、現在最も普及しているWebオートメーションサービスの1つであり、IFTTTエージェントを使用すると、IFTTT WebサイトにNAS固有のアプレットを作成して自動化を強化し、生産性を向上させることができます。

IFTTTを使用すると、さまざまなインターネット接続デバイス/サービスをリンクして、簡単で強力なクロスアプリワークフローを作成できます。 QNAPのIFTTTエージェントを使用すれば、IFTTTアカウントをQNAP NASに接続し、IFTTT WebサイトにNAS関連のアプレットをほぼ無制限に作成することができます。

「日常的な毎日のタスクを実行する大いなる自動化への要望は、IFTTTなどのサービスの増加をもたらしました。その簡単なトリガーとアクションシステムにより、IFTTTは理解しやすく使いやすいです。QNAP NAS用IFTTT Agentの追加は、ユーザーの生産性を大幅に向上させるインテリジェントで自動化されたNASソリューションを作成するという当社の強固なコミットメントを表しています。」と、QNAPのプロダクトマネージャーであるAseem Manmualiyaは述べています。

ユーザーは、トリガーとアクションを使用してアプレットを作成できます。使用可能な現在の一連のトリガーとアクションに基づいて、ユーザーは「Facebookに写真をタグ付けし、その写真をQNAP NASにダウンロードする」、または「Dropbox®にアップロードされた新しいファイルがある場合は、QNAP NASにバックアップする」を選択することができます。Facebook®、Gmail™、Twitter®、Skype™、Instagram®、Dropbox®、Google Drive™、Amazon® Cloud Drive、Microsoft® One Drive®、Box® を含む最大300の人気の高いサービスが、現在、IFTTTによりサポートされています。

ご提供

QNAPチャネルはIFTTTで利用可能になりました。現在利用可能なトリガーとアクションの完全なリストを表示するには、https://ifttt.com/qnap をご覧ください。IFTTT Agentは、QTS App Centerからダウンロードできます。IFTTT Agentの詳細については、www.qnap.com/solution/ifttt_agent/ja-jp/ をご覧ください

必要条件:IFTTT Agent は myQNAPcloudアカウントを必要とし、QTS 4.2.2 (またはそれ以降) を搭載するすべてのQNAP NASモデルで使用できます。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com