QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2017-04-05

QNAPは、クアッドコア1.7GHz CPUとデュアル10GbE SFP+ポートを搭載する費用対効果の高いTS-x31XUシリーズラックマウントNASを発表しました

台北 (台湾)、2017年4月5日 – QNAP® Systems, Inc.は、本日、新しいビジネスクラスのTS-x31XUシリーズラックマウントNASを発表しました。これは、単一および冗長電源オプションを搭載する4、8および12ベイモデルで利用可能です。Amazon傘下にあるAnnapurnaLabsのAlpine AL-314クアッドコア1.7GHz ARM® Cortex-A15 CPUを搭載するTS-x31XUは、2GBまたは4GB DDR3 RAM(16GBまで拡張可能)を装備し、10GbE SFP+ポートを含み、革新的なVJBOD(仮想JBOD)とContainer Stationをサポートし、高性能、多機能な省電力ストレージソリューションを提供します。

ハードウェア暗号化エンジンとSSDキャッシュのサポートにより、クアッドコアTS-x31XUシリーズは、2つの10GbE SFP+ポートを提供し、最大1,242MB/秒の転送速度のノッチネットワーク機能を保証します。より柔軟な展開のために、追加のシングルポート10GbE PCIeカードを取り付けることができます。TS-x31XUは、バックアップ、復元、仮想化ストレージ、プライベートクラウド、および10GbEネットワーク向けの将来が保証されたITインフラストラクチャーを探している中小企業に最適です。

「10GbE対応のTS-x31XUは、柔軟性を高めながらITインフラストラクチャーから非効率的なものを取り除くのに役立つ、費用対効果の高いNASソリューションです。」と、QNAPの プロダクトマネージャーであるJason Hsuは述べています。「2つの内蔵10GbE SFP+ポートは、仮想化、高速ファイル転送、ビデオストレージとストリーミング、IPサーベイランスなど帯域幅を大量に消費するアプリケーションのための大きなネットワーク潜在力を実現します。

QNAPの革新的なVJBODは、ストレージの利用効率を最大限に高めます。物理ストレージ拡張エンクロージャーを使用するのみならず、大容量TS-x31XUは、VJBODを使用して他のQNAP NASストレージを経済的に拡張したり、NASサービスを運用するための仮想ディスク上に仮想ストレージプールやボリュームを作成したりすることができます。VJBODは、未使用のNASストレージを経済的に活用する方法を導入し、ユーザーに追加的で柔軟なストレージ拡張ソリューションを提供します。

QNAPは、IoT(モノのインターネット)の機会を利用したいと考えており、Container Stationは、開発者にIoTアプリケーションの開発と展開のメリットを提供します。Container Station Contaionは、LXCとDocker®軽量仮想化テクノロジを独占的に統合し、QIoT Containersプラットフォームを装備し、TS-x31XU の高いストレージ容量と相まって、開発者がマイクロサービスを初期化するための無数のハンズオンコンテナ型アプリケーションを備えた理想的なプライベートIoTクラウドプラットフォームを提供しています。

TS-x31XUシリーズは、データストレージ、バックアップ、共有および集中管理のための包括的なストレージソリューションです。これは、Windows®、Mac®およびLinux®/UNIX®上でのクロスプラットフォームのファイル共有、Windows およびMacデスクトップ/ラップトップバックアップ、バックアップバージョン管理、rsync、およびクラウドストレージ (Amazon® Glacier、Azure™ Storage、Google Cloud Storage™、Google Drive™、Microsoft®、OneDrive®、Dropbox®、Amazon® Drive、Yandex® Disk、Box®など)を備えたRTRR(リアルタイムリモートレプリケーション)をサポートします。TS-x31XUは、は安全にネットワークへアクセスするためのVPNサーバーまたはVPNクライアントとして利用できます。強力なQsirchフルテキスト検索ツールを利用して素早くNAS上のファイルを素早く検索でき、Qsyncを通じて複数の方法でファイル同期とグループファイル共有が行え、チームプロジェクトと共同作業が大幅に向上します。QmailAgentは、複数の電子メールアカウントを集中管理し、毎日の電子メール管理を簡素化します。Surveillance Stationは、プロフェッショナルなIPベースの監視ソリューションを導入します。

TS-x31XUのストレージ容量は、最大2台のQNAP拡張エンクロージャー (12ベイ UX-1200U-RPおよび、8ベイUX-800U-RP)を接続することにより、最大36台のドライブの合計ストレージ容量を提供するように増やすことができます。QJBOD Express (JBODエンクロージャーローミング)のサポートにより、大容量QNAP 拡張エンクロージャーをTS-x31XUに接続し、ネットワーク接続を必要とせずにJBODエンクロージャーを介して別のNASにデータを移行することができます。

主な仕様

冗長電源:

  • TS-431XU-RP:4ベイ、2GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)
  • TS-831XU-RP:8ベイ、4GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)
  • TS-1231XU-RP:12ベイ、4GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)

シングル電源:

  • TS-431XU:4ベイ、2GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)
  • TS-831XU:8ベイ、4GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)
  • TS-1231XU:12ベイ、4GB DDR3 SODIMM RAM (16GBまで拡張可能)

ラックマウントNASモデル、Amazon傘下にあるAnnapurnaLabsのAlpine AL-314 クアッドコア 1.7GHz Cortex-A15 CPU、ハードウェア暗号化エンジン、ホットスワップ対応 2.5インチ/3.5インチ SATA 6Gbps HDD/SSD、2x 10ギガビットSFP+ポート、2x ギガビットRJ45ポート、1x PCIe Gen2 (x2)スロット、4 x USB3.0ポート

可用性

現在、この新しいTS-x31XUは発売中です。詳細について、QNAP NASのフルラインナップをご覧になるには、www.qnap.comにアクセスしてください。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com