QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2017-07-03

QNAPのコスト効率の良い1.7GHzクアッドコア TS-831X NAS、QM2拡張カードをサポート

台湾台北市 2017年7月3日 - QNAP® Systems, Inc.は、コスト効率が高く、10GbEをすぐに利用できるTS-831XビジネスNASがQNAPの革新的なQM2 PCIe拡張カードのサポートを開始したことを発表しました。QM2カードを取り付けることで、ユーザーはNASにM.2 SSDを簡単に構成でき、SSDキャッシングまたはキャッシングプールによるパフォーマンス向上を楽しむことや、さらなる10GbE 10GBASE-T接続を追加できます。

8ベイTS-831Xは、2つの10GbE SFP+ポートを特徴としており、帯域幅を要求するタスクを容易にします。IOPSを要求するアプリケーションに対応するためQM2 M.2 SSD/10GbE PCIe拡張カードをNASに取り付けることができます。これにより、読み取り・書き込みパフォーマンスを向上するために2つのM.2 PCIe/SATA SSDを追加することや、さらに10GbE接続 (個別のQM2カードは機能において異なることがあります) を追加することができます。SSDキャッシングに加え、QM2はRAID 1またはRAID 0キャッシングプールまたは自動階層化ボリュームを形成できます。また、Qtier自動仮想化テクノロジーは同時に有効化することで、年中いつでも最適化されたストレージ効率を確立することができます。

「QM2は、パフォーマンスおよび接続性を向上するためにPCIeスロットが一つのNASに理想的です」と、QNAPプロダクトマネージャーのJason Hsu氏は語ります。また、同氏は「これにより、どのドライブベイも占用することなくM.2 SSDキャッシングおよびキャッシング プールが可能になります。また、24時間常にアクセラレーションを使用してM.2 SSDおよび大容量のSATA HDDにわたってストレージ効率を最適化することができます」と加えています。

1.7GHzクアッドコアTS-831Xは、ストレージおよびバックアップ/復元におけるビジネスニーズを満たすためにプライベートクラウド機能を提供します。TS-831XはQNAP拡張エンクロージャを接続することで拡張することが可能です。また、その他のQNAP NASのストレージを拡張するためのVJBOD (Virtual JBOD)をサポートしています。さらに、集中化されたアプリケーション、IoT、およびマイクロサーバーを構築するためのContainer Stationを特徴としています。

詳細:

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com