QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2017-02-07

QNAPは、Canonicalとのパートナーシップを強化し、改善されたDLNA動画ストリーミグアプリケーションをQNAP NASに提供します。

台北 (台湾)、2017年 2月7日 - QNAP®Systems、Inc.は、有名なオープンソースソフトウェア企業であるCanonical™とのパートナーシップをさらに強化し、マルチメディア体験を実現するさまざまなマルチメディアストリーミングアプリを提供しています。

QNAP Linux Stationは、Ubuntu 16.04LTSと完全に統合されています。ユーザーは、Plex Media Server、KMPlayer、LibreOffice、VLCなど、Ubuntu Software Centerから幅広いマルチメディアアプリケーションをダウンロードできます。HDMI出力を用いてQNAP NASに保存されたメディアファイルをテレビやモニターに再生することができます。Twonky Serverをインストールし、DLNA/UPnP経由で視聴することもできます。

TwonkyのWebサイトからTwonky Server for Linuxをダウンロードし、QNAP Linux Station上でUbuntu OSを有効化します。次に、[チュートリアル] に従い、Twonky Serverのインストールを完了させてください。 Twonky Serverをインストールした後、ユーザーは30日間無料で試用することができます。

 

システム要件:

  • Linux Stationには、少なくとも4GBのRAMを搭載したQNAP NASが必要です。サポートされるモデルには、TVS-x82、TVS-ECx80、TS-x79、TVS-x73、TVS-x71、TS-x70、TVS-x63+、TVS-x63、TS-x53A、TS-x53Pro、TBS-453A、TS-x51+、TS-x51A およびTS-x51シリーズが含まれます。
  • Container Station v1.5.1343 (またはそれ以降)がNASにインストールされている必要があります。

Linux Station、Ubuntu Software Center、およびTwonky Ubuntuのインストールの詳細については、[チュートリアル] を確認してください。

 

Canonicalについて

Canonicalは、Ubuntuプロジェクトの商業スポンサーであり、企業におけるUbuntu導入のためのサポートサービスの主要プロバイダーです。Ubuntuとは、クライアント、サーバー、クラウドコンピューティング、およびIoTのための無料のオープンソースプラットフォームです。 2004年の発足以来、フォーチュン500企業から、ハードウェアメーカー、コンテンツプロバイダ、ソフトウェア開発者、個々の技術愛好家まで、あらゆる種類のユーザーにとって当然の選択となっています。
開発者、サポートスタッフ、およびエンジニアリングセンターが世界中にあるCanonicalは、パートナーおよび企業の顧客がUbuntuを最大限に活用できるよう、独自の存在となっています。 Canonicalは非公開会社です。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com