QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2015-02-05

QNAPは同社の7-in-1 Mobile NAS QGenieをアップデートし、File Station Lite とFTPサーバーを追加

台湾、台北、2015年2月5日– QNAP® Systems, Inc.はQGenie Mobile NASのファームウェアv3.2.0のリリースを発表しました。File Station Liteが追加され、FTPサーバー対応となり、リモートアクセスや高速のファイル転送が可能になりました。

「弊社はQGenieにFile Station Liteが導入されたことをうれしく思っています。これでQGenieから大量のファイルを簡単な方法でアップロード、ダウンロード、共有できるようになりました。」とQNAPの製品マネージャー、Hanz Sung氏は語りました。さらに、「File Station LiteはWebブラウザーからQGenieのファイルを簡単に管理できるすぐれたユーティリティです。この機能が追加されたことで、QGenieの利用者全員がそのファイル管理機能を活用し、デジタル生活を豊かにできるものと願っています。」と加えました。

File Station Liteの他にも、QGenieはFTPサーバー対応となり、QGenieとデスクトップコンピューターの間でFileZillaなどのFTPアプリケーションを利用してファイルを転送できるようになりました。

入手先

QGenieファームウェア v3.2.0はここからダウンロードできます。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com