QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2013-09-17

QNAP SecurityはVioStor NVRファームウェアv4.1.1のストレージ拡張ソリューションを強化し、エッジ録画機能を追加します

2013年9月17日、台北、台湾 – プロフェッショナルLinuxベースのスタンドアロンNVRプロバイダーであるQNAP® Securityは今日、ストレージ拡張ソリューションを強化したVioStor NVRファームウェアv4.1.1を更新しました。新しいファームウェアは幅広い AXIS IPカメラもサポートして、エッジ録画と双方向オーディオ機能を実現しています。

「私たちはこの魅力的なVioStor NVRストレージ拡張ソリューションが最新のQTSオペレーティングシステムv4.0.2を搭載したえり抜きのTurbo NAS モデルに今適用されたことをうれしく思います」と、QNAP Securityの製品マネージャ、Andrew Yu氏は述べ、次のように言葉を続けています。「今では、さらに多くのQNAPユーザーがNVRのストレージ容量を容易に拡張し、直感的なQTS 4.0 Turbo NAS管理システムを楽しんでいます。」 StorageExpansionアプリ(QPKG)をTurbo NASにインストールすることで、管理者はネットワーク経由でVioStor NVRをTurbo NASと接続し、VioStor NVRの総ストレージ容量を柔軟に拡張することができます。

VioStor NVRファームウェアv4.1.1はさまざまな範囲のAXIS IPカメラをサポートしてエッジ録画機能を実現しています。予期せぬ切断でモニタされたIPカメラからVioStor NVRの録画が中断した場合、エッジ録画機能によりネットワーク接続が回復すると、VioStor NVRはカメラに一時的に保存された消えたビデオを取得して、重要なカメラからの中断のない撮影フィルムをスムーズに再生することができます。エッジ録画には、カメラから消えたビデオを取得するための柔軟なスケジュールという便利な機能も付いています。

双方向音声機能を装備するAXIS IPカメラは、VioStor NVRファームウェアv4.1.1によりサポートされています。管理者は接続されたマイクとスピーカーを通してIPカメラの近くにいる人々と相互にコミュニケーションを取れるため、エレベーターの故障や火災などの状況下でリモートでリアルタイムの指示を出すときに特に役に立ちます。

VioStor NVRは、94もの世界で人気のあるブランドの、2,200以上ものIPカメラモデルと互換性があります。企業は、互換性のあるIPカメラの幅広い提供により、理想的な監視ソリューションを配置できるという柔軟性に満足しています。

販売情報

ストレージ拡張ソリューションはファームウェアv4.1.1以降を搭載したVioStor NVR Pro(+)シリーズおよびQTSオペレーティングシステムv4.0.2を搭載したTurbo NAS TS-x69、x79、x70シリーズでのみご利用になれます。

エッジ録画機能は次のAXIS IPカメラ: P1343、P1344、P3343、P5534、M5013、Q1602でサポートされます。

VioStor v4.1.1ファームウェアアップグレードをダウンロードするには、http://www.qnapsecurity.com/download.asp にアクセスしてください。

VioStor NVRに関する追加情報が必要な場合は、サイト www.qnapsecurity.com にアクセスしてください。

 

QNAP Securityについて

Linuxを組み込んだNVRを世界で初めて開発したQNAP Securityは、その受賞歴のあるストレージとRAIDの技術を利用して、最も革新的なローカルディスプレイスタンドアロンNVRを提供しています。 このシステムは、多様な環境の下でリモート監視、記録、および監視タスクを目覚ましく安定させるだけでなく、作業を大幅に簡素化します。  さらに、QNAPソリューションがあれば、利用者は、従来のCCTVの解像度に制約されることなく、様々な状況に合わせて適切なネットワークカメラを選ぶことができます。 VioStor NVRに関する詳細が必要な場合、www.qnapsecurity.comにアクセスしてください。