QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2013-09-25

QNAP、ビジネスクラスTurbo NASモデル向けQTS 4.0の、スケールアップソリューション、強力なストレージマネージャーなどを更新

2013年9月25日、台北、台湾 – QNAP® Systems, Inc.は本日、ビジネスクラスのTurbo NASモデル向けのTurbo NASオペレーティングシステム、QTS 4.0を更新しました。QTS 4.0は400TBのスケールアップソリューション、 インテリジェントなストレージマネージャー、シンプロビジョニングボリュームをサポートするフレキシブルなボリューム管理、SSDキャッシュ、SMARTデータ移行、VMware VAAIとMicrosoft ODXサポートなどを含め、SMBユーザー向けの高度な機能を組み込んで、ストレージ管理、拡張、データ処理、仮想化環境の管理の効率性を大幅に強化しています。

「ホームクラスTurbo NASモデル用のQTS 4.0のこれまでのリリースは、ユーザーからの驚くべき好意的反応を受け、素晴らしい成功となりました」とQNAPの製品マネージャー、Tony Lu氏は述べ、次のように言葉を続けています。 「このたび、QNAPのビジネスクラスTurbo NASモデル向けQTS 4.0を送り出すことができたことに満足しています。この製品を使うことで、Turbo NASのビジネスアプリケーションの活用の幅が大きく広がるものと確信しています」。

400TBのスケールアップソリューション
新しく発表したQNAP RAID拡張エンクロージャ、REXP-1200U-RPとREXP-1600U-RPはビジネスの増え続けるデータに対処すべく、400TB以上Turbo NASストレージ容量を拡張するために設計されました。「ストレージ拡張ソリューションは経済的で、初期セットアップに必要なものにのみ設備投資を行うことが可能になり、要求に応じてストレージ容量を拡張する柔軟性があります」とLu氏は述べました。

柔軟なボリューム管理
QTS 4.0は、IT管理者が大きなストレージプールとしてさまざまなレベルの複数のRAIDグループをアグリゲートし、ストレージ容量を全体として柔軟に利用できるストレージプールを取り入れています。 ストレージプールでは、複数のボリュームを作成し、ブロックレベルiSCSI LUN、オンライン容量拡張、シンプロビジョニングボリューム、スペース再利用を含む機能と結び付けています。QTS 4.0ストレージマネージャーが提供する直観的なグラフィカルインターフェースを通して、IT管理者は集中型プラットフォームでストレージシステムを容易に管理することができます。

積極的なデータ保護
QTS 4.0は、RAIDホットスペアとグローバルホットスペアドライブ、スマートデータ移行、時限エラー回復機能、エラー回復制御、高度なRAID読み取りエラー復旧技術を含む、重要なビジネスデータを保護するための強化された機能を提供します。 積極的なデータ保護により、Turbo NASはビジネスのミッションクリティカルなニーズに対応する信頼できるストレージとなっています。

新しい仮想化体験
QNAPのビジネスクラスTurbo NASは、仮想化対応のストレージソリューションで、VMware vSphere、Microsoft Hyper-V、Citrix XenServerをサポートしています。 iSCSIとNASの場合のVMware VAAI、およびMicrosoft Windows Server 2012のODXを含め、高度なハイパーバイザ領域解放機能がサポートされています。 QTS 4.0によってもたらされたこれらのハイパーバイザ領域解放機能は、仮想化環境のパフォーマンスを大幅に強化します。さらに、Microsoft System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)用のQNAP vSphereクライアントプラグインとQNAP SMI-Sプロバイダーが、管理の生産性と効率を大きく向上させます。

パフォーマンス加速
QTS 4.0はSSDキャッシュをサポートし、ボリューム、10GbEネットワーク帯域幅、SMB 2のIOPSパフォーマンスを大きく向上させ、データセンターや仮想化IT環境のような高速データ転送が必要な集中データベース環境の運用効率を向上させます。

SMB 2.0のサポートにより、Microsoft Networkingのパフォーマンスが向上します。 Windowsユーザーは、複数の同時ユーザーが存在したり、2拠点間のVPNのような高遅延ネットワーク環境であっても、高速の伝送速度や読み込みパフォーマンスを体験できます。

包括的なNASシステム
これら強化されたビジネス機能は別として、QTS 4.0はQsyncユーティリティによりファイル同期化、プラットフォームに依存しないファイル共有、QNAP NetBak Replicatorユーティリティによりファイル同期化による包括的なバックアップソリューション、Apple Time Machineのサポート、リアルタイムリモートレプリケーション(RTRR)、再同期とクラウドストレージサポート、Windows AD/ACLとLDAPによる高度なユーザー特権などの多様な機能を提供し、強力で包括的なTurbo NASシステムとして実行されます。

販売情報

高度なビジネス機能を持つアップデート版QTS 4.0は、次のTurbo NASモデルで利用できます。

TS-EC1679U-RP、TS-1679U-RP、TS-EC1279U-RP、TS-1279U-RP、TS-1270U-RP、TS-EC879U-RP、TS-879U-RP、TS-870U-RP、TS-1079 Pro、TS-879 Pro、TS-1269U-RP、TS-869U-RP、TS-469U-SP、TS-469U-RP、TS-869 Pro、TS-669 Pro、TS-569 Pro、TS-469 Pro、TS-269 Pro

TS-x79シリーズとTS-x70Uシリーズでは、REXP-1200U-RPとREXP-1600U-RPが利用できます。

SSDキャッシュ機能は、TS-x69シリーズでは使用できません。

詳細についてはwww.qnap.comにアクセスしてください。

 

QNAPについて

QNAP (Quality Network Appliance Provider) Systems, Inc.は、このブランド名が約束するとおり、最先端の包括的な提案であるネットワークアタッチトストレージ (NAS) とネットワークビデオレコーダー (NVR)を、使いやすさ、堅強な動作、大容量ストレージ、そして信頼性と共にお届けする事を目指しています。 QNAPは、テクノロジーと設計を統合することで、ビジネス環境でファイル共有、仮想化アプリケーション、ストレージ管理、そして監視の業務効率を効果的に向上させる高品質な製品を創出するとともに、楽しいマルチメディアセンターの体験をご提供することで、家庭向けユーザーのエンターテイメント生活も充実させます。 台北に本社を置くQNAPは、ノンストップのイノベーションと情熱をもってソリューションをグローバル市場に提供しています。

メディア向け連絡先

marketing@qnap.com