QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2010-10-13

QNAP® TS-x59 Pro+ Turbo NAS全機種がCitrix Ready® 認証に

台北、台湾 2010年10月13日 - ネットワーク付属ストレージ(NAS)において世界をリードするQNAP Systems, Inc.は本日、TS-x59 Pro Turbo NAS 全機種におけるCitrix XenServer®向けCitrix Ready® の認証を獲得したことを発表しました。 SMBおよび入門レベルの企業向けに内部サーバ仮想化の提供を目指します。

XenServerは企業向け、クラウド対応の仮想化プラットフォームで、仮想インフラストラクチャの作成および管理に必要な全ての機能を備えています。重大な目的を持つアプリケーションの実行にあたって要求の高い組織にも信頼され、また最大のクラウドおよびxSPにより使用されているものです。TS-x59 Pro Turbo NASシリーズはIntel® Atom™ デュアルコアプロセッサ搭載の超高性能仕様で、複数タスクの同時処理も非常に低い電力消費で実行可能です。「これでQNAPはCitrix環境で完全な互換性を持つデバイスをご提供することができます。ジョイントQNAPおよびCitrixソリューションとして自信を持って展開していただくことができます。」と語るのはQNAPの製品担当責任者であるJAUSSAUD Jérôme氏です。

TS-x59 Pro シリーズ全機種は、Citrix XenServer 5.6向けにCitrix Readyとして認証されています。QNAP Turbo NAS シリーズはさらに多数の独自機能を搭載しています:

容易な管理で柔軟なストレージ拡張
TS-x59 Pro シリーズは最大16TBのストレージ容量をサポート、独自のVirtual Disk Drive(仮想ディスクドライブ)機能を使用して柔軟なストレージ拡張を実現します。仮想ディスクドライブ機能は、内蔵iSCSIイニシエータを使用してネットワーク上の他のiSCSIターゲットに接続します。そしてこれらのターゲットを、RAID 0/ 1/ 5/ 6/ 5+ホットスペア/ 6+ホットスペア構成、高度なRAID管理ツール(オンラインRAID容量拡張、オンラインRAIDレベル移行、RAID回復サポートなど)を備えたローカルディスクボリュームへと変換します。

ビジネス向けの豊富な機能を備え、統合されたアプリケーション
TS-x59 Pro シリーズは、複数のプロトコルに対応することでWindows、Mac、Linux、UNIXプラットフォームに渡ってのファイル共有をサポート。さらにiSCSIおよびNFSストレージレポジトリの双方として機能するため、IT管理者に柔軟な展開性を提供します。デュアルGiga LAN 設計はロードバランスおよびフェールオーバーを提供、単一障害点を維持し、XenServerで起動中のゲストOSとQNAP NASの間の接続を保ちます。

仮想化展開向けiSCSI
QNAP Turbo NAS は企業レベルのiSCSI機能(SPC-3互換、ターゲットごとの複数LUN(論理ユニット番号)、MPIO、MC/S、LUNマスキングなど)を備え、仮想化およびクラスターサーバ環境においてFibre Channel SAN よりも非常に安価なソリューションとなっています。

Citrix Readyについて
Citrix Ready プログラムは、仮想化、ネットワーキング、およびCitrixからのコンピューティングソリューション(Citrix® XenDesktop®, XenApp™, XenServer®, NetScaler® , GoToMeeting®など)を拡張すると思われる検証済みソリューションを認識します。Citrix Ready指定は、Citrixにより設定された検証要項を満たしたサードパーティ製品に与えられるもので、消費者にとってはそのジョイントソリューションの互換性にさらなる信頼性をもたらします。Citrix Ready プログラムについての詳細は、www.citrix.com/citrixready にてご覧ください。

QNAP TS-x59 Pro Turbo NAS シリーズの、製品仕様シートおよびアプリケーション情報の詳細については、/virtualization.をご覧ください。

Citrix®, Citrix Ready® および XenServer® はCitrix Systems, Inc.また/あるいはその子会社の商標です。米国特許商標局またその他の国において登録されている場合があります。すべての商標および登録商標はそれぞれの会社に帰属します。