QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2010-03-08

QNAP 社が新しい 4 ドライブの、ラックにマウントされたターボ NAS サーバーである TS-459U-RP と TS-459U-SP をビジネス シリーズに追加しました

新しい 1U のラックにマウントされたモデルは Intel® Atom D510 デュアル コア プロセッサーとビジネス用 iSCSI を含み、消費電力が少なく、完全に VMware® で認可されていて、データセンターに適しています。

台湾、台北、2010 年 3 月8日 - NAS サーバー、NVR ビデオ監視システムおよびネットワーク ベースのビデオ プレーヤーのトップクラスの製造元である QNAP Systems, Inc. は、本日ビジネス シリーズ ターボ NAS ラインアップに 2 種類の新しい 1U のラックにマウントされた 4 ドライブのモデル、TS-459U-SPTS-459U-RP を追加しました。(2TB ハードドライブを使って)最大 8TB のストレージが付いた、これらの新しいモデルは VMware の vSphere4(ESX 4.0)可視化プラットフォームとの互換性が認可されていて、部門でのファイルの共有、ストレージ、およびオフィス環境での拡張サーバー アプリケーションに最適です。VMware の vSphere は IT コストの削減と反応性の向上を可能にする、業界における初めてのクラウド用オペレーティング システムです。共有されたネットワーク上のストレージは、クラウド コンピューティングのインフラ構造の本質的構成要素です。TS-459U-RP と TS-459U-SP には Intel® Atom™ D-510 1.66Ghz デュアルコア プロセッサーが組み込まれていて、1GB の DDRII RAM が特長になっています。複数の並列タスクでのきわめて優れた性能と高い信頼性、および低消費電力での集中的なデータ転送を実現します。あらゆる規模のビジネスで VMware 仮想マシンと QNAP 高性能ストレージとの相互運用性を活用し、VMware のクラウド コンピューティング環境を有効利用できます。

「中小規模のビジネス、法人および基本レベルの企業のお客様にお望みのものをお届けし、望まないものはお届けしないという、QNAP の確約は TS-459U-SP と TS-459U-RP のモデルで明確に示されています」と、QNAP Systems, Inc. の製品マネージャー Laurent Cheng は言いました。「これらの新しいビジネス シリーズのモデルでは、あらゆる規模のビジネスで、必要なネットワーク ストレージを確保するための堅固な土台と、ビジネスに欠くことのできないアプリケーションのホストを提供します」と、Cheng 氏は付け加えました。

新しいモデルの間の違いは、TS-459U-RP が重複した電源を持つことです。電源に障害が発生すると、もう一つの電源がシステム全体に電力を供給し続け、管理者に電子メールもしくは SMS 経由で警報を送ります。TS-459U-SP は単独の電源を含み、別途販売されている 2 番目の電源モジュールを設置すると、TS-459U-RP の構成にアップグレードできます。どちらのモデルでも RAID 0/1/5/5+ ホット スペア/6、および JBOD をサポートし、オンラインの RAID 容量拡張、オンラインの RAID レベル マイグレーション、および RAID リカバリーの機能があります。さらにどちらのモデルでも、最大限のデータ セキュリティーを確保するために、ボリューム レベルで 256 ビットの AES 暗号化機能を採用しています。TS-459U-RP と TS-459U-SP のモデルには 5 個の USB ポート(前面パネルに 1 個、背面パネルに 4 個)、およびストレージの拡張およびプリンターの共有のための 2 個の e-SATA ポートがあります。どちらのモデルも、フェイルセーフのデュアル OS の DOM アーキテクチャー、スケジュールできる電源のオン/オフ、Wake on LAN および HDD S.M.A.R.T. などの拡張機能をサポートしています。

新しいモデルには、iSCSI サービスなどの、多数のトップレベルの新機能をサポートし、Windows Server 2008 での VMware と Hyper-V クラスターのクラスター化のための SPC-3 永続的予約機能をサポートするQNAP NAS 管理ソフトウェアのバージョン 3.2 が納品時にインストールされています。MPIO と MC/S もサポートされています。同様に、新しい DFS サポート(共有フォルダー集約機能)、ユーザー リストのインポート機能および次世代インターネット プロトコル(IPv6)も、将来のネットワーキングの進化のために組み込まれています。QNAP 社のウェブ ファイル マネージャー 2 の特長は、全面的に再設計されたユーザー インターフェイスと、ファイルの共有と管理を向上させるための機能です。共同作業のために、HTTP と HTTPS 上でのファイルの共有、アクセスおよび編集を可能にするために、ユーザーは WebDAV を使用できます。さらに、現在 Apple Time Machine のバックアップもサポートされています。

入手方法
新しい TS-459U-RP と TS-459U-SP のビジネス シリーズ ターボ NAS サーバーは、3 月以降に QNAP 社のグローバルな販売元、再販業者および小売業者で入手できます。

/ で、これら 2 種類の刺激的な新モデルの詳細をご覧いただき、製品の画像をダウンロードしていただけます。
https://www.youtube.com/qnapsys で、TS-x59 シリーズの最新ビデオをご覧いただけます。

QNAP 社では、NAS サーバー格納装置の、現在もっとも広範囲のラインアップを提供します。QNAP Turbo NAS サーバーは、中小規模のビジネス、作業グループおよび基本レベルの企業のネットワークなど、お客様のご希望に合わせて、1、2、4、5、6 および 8 個のベイの、タワーおよびラックにマウントされた構成でお届けします。ほとんどの QNAP NAS サーバーでは、2.5 型と 3.5 型のドライブ サポート機能で、取り外し可能カートリッジ ドライブのホット スワップを実現していて、仮想ディスクなどのユニークな機能、およびフェイルオーバー、ロード バランシングおよび多重 IP 設定の機能を持つデュアル ギガビット LAN ポートを、すべての Intel ベースのモデルに提供します。QNAP NAS サーバーは単純なウェブサイトのホスティング、RAID 0、1、5、6、5+ ホット スペア、および 6+ ホット スペア(5 ドライブ以上のモデル)をサポートする超高速 RAID ストレージ、独立型ファイル ダウンロード、ネットワーク上のバックアップ、プリンターの共有、ビデオ管理など、多くの用途に適しています。QNAP NAS サーバーは Windows、Macintosh、Linux および UNIX のネットワークと完全に互換性があり、環境に優しい電力管理技術が組み込まれています。