QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2010-05-03

QNAPが業界最先端の8ドライブTS-859U-RPラックマウントNASサーバを発表、法人および企業市場を魅了

新型2Uラックマウントモデルは、最大16TBの容量、冗長性電源、Intel® Atom D510
デュアルコアプロセッサ、iSCSI容量拡張、低消費電力、VMware®認定のクラウド対応.

台湾、台北、2010 年 5 月3日 - NASサーバ、NVRビデオ監視システム、ネットワークベースのビデオプレーヤーにおいて世界の製造会社を率いるQNAP Systems, Inc.は今日、NASサーバエンクロージャのビジネスNASシリーズ: TS-859U-RP を発表。2Uラックマウントユニットはホットスワップ可能な2.5インチあるいは3.5インチハードディスクドライブ8機に対応可能となり、冗長電源により稼働時間を最大化。高いパフォーマンス、データを保存し易く、及び最高の信頼性が求められる法人団体や初心者レベル企業のデータセンターにとって、最適のソリューションである。QNAPは、8ドライブNASエンクロージャを提供する唯一のネットワーク機器企業であり、デスクトップおよびラックマウント構成の製品を展開しています。

TS-859U-RPはデュアルコア Intel Atom D510 1.66GHz CPU and 1GB DDRII RAMを搭載。高速パフォーマンスと超低電力消費を実現し、パフォーマンスを削ることなく総所有コストを抑えることもできます。TS-859U-RP には2つの電力ユニットが搭載されています。万一、電源が停止した場合、もう一方が全システムに電力を供給、同時に管理者に電子メールあるいはSMSを使用して電源停止が通知されます。TS-859U-RP には高度なネットワーク機能がぎっしりと搭載されています。デュアルギガビットLANポートは、フェールオーバー(ネットワークポートが1つ停止してもLANポートはアクティブ状態を保持)、ロードバランス(ネットワーク負荷を集約し、転送速度を向上)、複数IP設定など、ボンディングモードを7種類備えています。フェールセーフのデュアルOS DOMアーキテクチャによりポジティブシステム起動、そしてシングル、JBOD、RAID 0/ 1/ 5/ 6/ 5+ ホットスペア/ 6+ ホットスペア対応オンラインRAID容量拡張、オンラインRAIDレベル移行、RAID回復に対応。TS-859U-RP はビジネス用iSCSIを搭載し、他のQNAP Turbo NASユニットをネットワークに付属させ、仮想ボリュームを確立するだけで、ネットワークストレージ容量拡張が簡単にできるというメリットを持っております。

TS-859U-RPは VMwareのvSphere4 (ESX 4.0) 仮想化プラットフォームとの完全互換を認定されており、ワークグループ、企業全体でのファイル共有、保管、そして上級サーバアプリケーションに理想的なIT機能のクラウド化を進めるソリューションである。VMwareのvSphereは、ITコストを削減しながらも仮想マシンの使用を通してネットワーク応答反応を向上する、業界主要クラウド操作システムです。ネットワークストレージは、クラウドコンピュータ基礎構造として不可欠なコンポーネントです。VMware仮想マシンとQNAPの高パフォーマンスストレージの相互操作性により、全てのサイズのビジネスにおいてVMwareクラウドコンピューティング環境を最大限に活用できます。VMware内のクラスタリングおよびWindows Server 2008のHyper-V クラスター向けのSPC-3 persistent reservation(永続的装置予約)をサポート、またThin-provisioning(仮想空間配分)、MPIO および MC/Sにも対応しています。

「法人団体および企業のITマネージャにとって、今日の企業における常に高まるストレージのニーズに応えるため、高いパフォーマンスと信頼性のあるネットワークストレージに頼っています。」とQNAP Systems, Inc.の製品マネージャーであるLaurent Cheng氏は、語ります。「TS-859U-RP はそういった環境に対して理想的なチョイスだと言えるでしょう。最大16TBのオンライン、ネットワークストレージは、ネットワークユーザーが求めるレベルのパフォーマンスと信頼性を実現しており、さらに、ビジネス対応機能により管理者はネットワーク全体のバックアップ、企業内外におけるファイル共有、プリンタ共有、ウェブサイトのホスト、その他多くの機能を展開することができます。」とCheng氏は語り続けております。

経験豊かなITマネージャであれば、TS-859U-RPの備える幅広いビジネス機能に思わず微笑を浮かべることでしょう。Windows/Mac/Linux/UNIX 混合ネットワークにおけるファイル共有、電源オン/オフスケジュールおよびWake On LANアクセスなどの高度な電源管理、Microsoft Active Directory (AD)サポート、安全なAES 256ビットボリュームベースの暗号化、ドライブの故障あるいは停止を管理者に電子メールあるいはSMSで通知するHDD S.M.A.R.T.、また現在の市場に発表されたどのNASよりも包括的なログシステムなどがその例です。TS-859U-RPの機能性は、QPKG ソフトウェアプラグインによりさらに拡張が可能です。現在はtelephony、Java、Joomla!、Wordpressなどを含むアプリケーションに対し15種類が利用可能です。

TS-859U-RP はQNAPの主要NAS管理ソフトウェアのバージョン3.2を搭載されております。このバージョンでは新たにDFSサポート(共有フォルダアグリゲーション)、ユーザーリストのインポート、次世代インターネットプロトコルIPv6およびIPv4のデュアルスタックを追加しています。QNAPのWeb File Manager(ウェブファイルマネージャ) 2はユーザーインターフェイスに新しいデザインを取り入れ、ファイル共有と管理の機能性がさらに向上しました。 ユーザー同士でのHTTPあるいはHTTPsを通しての共有、アクセス、ファイル編集といった共同作業のためには、WebDAVを搭載しています。