QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Newsroom

2010-05-20

QNAPが企業レベルTS-859 Pro iSCSI Turbo NASのiSCSIおよびNFS VMware®認定を発表

台湾、台北市、2010 年 5 月20日 - ネットワーク付属ストレージ(NAS)サーバ、ネットワークビデオレコーダー(NVR)、ネットワーマルチメディアプレーヤー(NMP)において世界の製造会社を率いるQNAP Systems, Inc.は今日、8ベイタワーモデルのTS-859 Pro Turbo NASシリーズにおける、VMware vSphere4 (ESX 4.0) 仮想プラットフォームを伴うNFSおよびiSCSIデータベース互換認定を受けたことを発表しました。TS-859 Pro Turbo NASサーバーはIP-SANおよびNASとして機能することが可能である。柔軟でありながら、高いパフォーマンス、容易な管理ユーザーインターフェイス、そしてお手ごろな価格なので、SMBおよび入門レベルの企業顧客にとって、VMwareクラウドコンピューティング環境の利点を楽しむことができます。VMware vSphereは、ITコストを削減しながらも応答反応を向上する、業界初のクラウド操作システムです。共有ネットワークストレージは、クラウドコンピューティング基礎構造の必須コンポーネントです。TS-859 Pro Turbo NAS はvSphereとの統合が容易であり、VMware仮想マシーンとQNAPの高パフォーマンス認定ストレージとの間での相互操作を可能にします。

「QNAPは、顧客のニーズも予算に合わせて、高いパフォーマンスと信頼性をもって収まるネットワークストレージをご提供しています。小型ビジネスやワークグループのIT管理者は今、VMware仮想化環境におけるストレージソリューションの、より安価でパワフルな選択肢を持つことになるのです。」と語るのは、QNAP製品担当責任者であるDavid Tsao氏です。TS-859 Proは企業レベルのiSCSI機能、例えばSPC-3互換、ターゲットごとの複数LUN、MPIO、MC/S、LUN(論理ユニット番号)マスキングなどを提供します。8機のホットスワップ可能なSATAハードディスクにより最大16TBのストレージ容量、デュアルLANポートにはフェールオーバー、ロードバランス、複数IP設定機能が備えられています。RAID 0/ 1/ 5/ 6/ 5+ホットスペア/ 6+ ホットスペア構成も備え、高い冗長性も提供。同時に、高度なRAID管理ツールによりオンラインRAID容量拡張、オンラインRAIDレベル移行、RAID回復がシステムのアップタイムを最大化します。「TS-859 Proに加え、TS-x59シリーズTurbo NAS全シリーズも、今年6月に認定される予定です。」とTsao氏は続けます。

QNAP Turbo NAS ラインアップ製品、製品仕様およびアプリケーション情報の詳細については、/virtualizationをご覧ください。

TS-859 Proについての詳細は、下記のリンクまで、ご覧ください: /