QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Virtualization Station で仮想ハードディスクを追加する方法は?

多くの場合、VM (Virtual Machine/仮想マシン) は、アプリケーションサービスを実行するとき、使用データの量を継続的に増やすためにより多くのストレージを必要とします。 そのため、Virtualization Station では、VM に拡張仮想ハードディスクを追加できます。 それによりデータ増加の問題が解決されるだけでなく、より自由にハードディスクを利用できるようにもなります。

現在の仮想ハードディスクを直接拡張する

Virtualization Station で仮想ハードディスクを追加するための手順

新しい仮想ハードディスクを追加する VM を選択し、「拡張」をクリックします。



「デバイスの追加」をクリックします。 「デバイスタイプ」、「コントローラー」、「キャッシュモード」、「HDD イメージ」、「場所」、「名前」、「サイズ」を設定できます。

デバイスタイプ:
「ハードディスク」、「CDROM」、「ネットワーク」の 3 つのデバイスから選択できます。 「ハードディスク」を選択します。

  • ハードディスク
  • CDROM
  • ネットワーク

コントローラー:
転送速度やハードディスクの拡張可能数などの要件に基づき、ハードディスクのコントローラーを選択できます。

  • IDE
  • SCSI
  • SATA
  • VIRTIO

キャッシュモード:
転送の効率性やデータ保護などの要件に基づき、必要となるキャッシュモードを決定できます。

  • なし
  • Writeback
  • Writethrough

HDD イメージ:
新しい HDD イメージを作成するか、NAS に保存されているイメージを選択できます。

  • 新しいイメージ
  • NAS イメージ

場所:  仮想ハードディスクイメージを保存する場所を指定します。
名前:  仮想ハードディスクイメージに名前を指定します。
サイズ:  仮想ディスクの容量を決定します。

「追加」をクリックし、このプロセスを完了します。



「スタート」をクリックし、「コンソール」をクリックしてゲストオペレーティングシステムに入ります。

たとえば、Windows 7、Windows 8、Ubuntu を使い、ゲストオペレーティングシステムで新しい仮想ハードディスク情報を取得するには?

Windows 7:

「スタート」をクリックし、「コンピューター」を右クリックします。 「管理」を選択します。

「ストレージ」をクリックします。

「ディスク管理 (ローカル)」をクリックします。

Windows にメッセージボックスが表示され、ディスクの初期化を要求されます。 ニーズに基づき、MBR または GPT を選択できます。

「ディスク 1」にカーソルを合わせ、右クリックします。 「新しいシンプルボリューム」を選択します。

「次へ」をクリックします。

新しいシンプルボリュームのサイズを設定し、「次へ」をクリックします。

ニーズに基づき、ドライブ文字を割り当て、特定のフォルダーでマウントするか、何もしないことを選択できます。 「次へ」をクリックします。

フォーマットパーティションを設定し、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックし、新しいシンプルボリュームを追加します。

「スタート」をクリックし、「コンピューター」をクリックします。 仮想マシンに新しい仮想ハードディスクが表示されます。



Windows 8:
「デスクトップ」をクリックします。

左下隅にカーソルを合わせ、Windows アイコンを右クリックし、「ディスク管理」をクリックします。

ディスク管理に新しい仮想ディスク (Disk1) が表示されます。 このプロセスは Windows 7 の場合と同じなので、前述の Windows 7 セクションを参照してください。

「フォルダー」をクリックすると、新しいボリュームが追加されます。



Ubuntu:
「Dash ホーム」をクリックします。

「ディスク」を挿入し、「ディスク」をクリックします。

ディスクに新しい仮想ハードディスクが表示されます。

現在の仮想ハードディスクを直接拡張する

Virtualization Station で仮想ハードディスクを追加するための手順

新しい仮想ハードディスクを追加する VM を選択し、「詳細」を選択します。

「ハードディスク」を選択し、「拡張オプション」を選択します。

バーを動かすか、値を入力して仮想ハードディスクのサイズをニーズに合わせて調整し、「適用」を選択します。 注記: これらの設定を適用する前に、この VM に属するすべてのスナップショットを削除する必要があります。



ゲストオペレーティングシステムで拡張仮想ハードディスクを構成する (例として Windows 7 を使用します)

VM コンソールに入り、スタートメニューを開き、「コンピューター」を右クリックして「管理」を選択します。

「ストレージ」をクリックします。

「ディスク管理 (ローカル)」をクリックします。

元の仮想ハードディスクの拡張された領域が「未割当」として表示されます。

仮想ハードディスクを右クリックし、「ボリュームの拡張」を選択します。

「次へ」をクリックします。

既定では未割当の領域が選択されます。 「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

拡張された領域が元の仮想ハードディスクにマージされます。

リリース日: 2014-03-06
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
50% の人が、これは役に立つと思っています。