QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Thunderbolt™ 対応 NAS の iSCSI サービスを使用し、Mac コンピューターのストレージを利用する方法

中小企業は、対費用効果が高く、将来の拡張性がある、Thunderbolt™ 技術を備えた QNAP NAS のような統合ストレージを選択できます。 iSCSI ターゲットサービスの利用は、ローカルシステムで利用できるストレージ領域とファイルのバックアップに利用できるストレージ領域を拡張するための便利な方法です。 この記事では、NAS で iSCSI LUN を作成し、ストレージのために Mac にターゲットをマウントする方法の基本を段階的に説明します。

iSCSI ターゲットを作成する

1. NAS に管理者としてログインし、「Storage Manager」 > 「ストレージ領域」の順に進み、「作成」を選択し、「新しい iSCSI LUN」を選択します。

2. 画面のオプションの 1 つを選択し、iSCSI ターゲットを作成します。 LUN とターゲットを別々に作成する場合、LUN がターゲットにマッピングされていることを確認します。



3. iSCSI ターゲットの名前を入力します。

4. iSCSI ターゲットの使用前に iSCSI イニシエーターが認証されるように、CHAP 認証のユーザー名とパスワードを構成します。 NAS が公共のネットワークにあるときにこのオプションを選択します。 CHAP 認証を使用しない場合、この手順を省略します。

5. 「ボリュームのイメージファイルを iSCSI LUN として作成する」または「ストレージプールから領域を iSCSI LUN として割り当てる」を選択します。 「ボリュームのイメージファイルを iSCSI LUN として作成する」を選択した場合、柔軟性が高くなり、「ストレージプールから領域を iSCSI LUN として割り当てる」を選択した場合、パフォーマンスが高くなります。

6. 名前を付け、iSCSI LUN の領域を割り当てます 割り当てのセクターサイズを設定し、SSD キャッシュを有効にしてアプリケーションを最適化する場合、「詳細設定」をクリックします。

7. 設定を確認したら「次へ」をクリックします。

8. iSCSI ストレージが作成されています。

Mac コンピューターの iSCSI を使用する

NAS に iSCSI ストレージが構成されていることを確認します。

NAS の iSCSI ターゲットに接続するには iSCSI イニシエーターソフトウェアが必要です。 iSCSI イニシエーターソフトウェアはサードパーティ製のものが利用できます。この記事では実演目的で globalSAN iSCSI Initiator for OS X (OS X 10.4 以降が必要) を使用します。 詳細とダウンロードリンクは、 http://www.studionetworksolutions.com/globalsan-iscsi-initiator/ をご覧ください。

次の手順で iSCSI ターゲットを NAS から Mac コンピューターにマウントします。

1. 「システム設定」で iSCSI イニシエーターをダブルクリックします。

2. 「+」をクリックし、iSCSI ターゲットをホストする NAS の IP アドレスまたは DNS 名を追加し、新しいポータルを作成します。



3. 利用可能な iSCSI ターゲットがすべて表示されます。 左で iSCSI ターゲット名を選択し、右で Thunderbolt ポートの IP アドレスを選択し、「接続」をクリックします。

4. 初めて iSCSI ターゲットに接続する場合、ディスクを初期化するように求められます。 「初期化…」をクリックし、ディスクをフォーマットします。

5. iSCSI ターゲットがマウントされると状態が緑色になります。

6. 新しいドライブがデスクトップに表示され、使用準備ができていることを示します。

リリース日: 2015-08-18
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください