QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

QNAP Turbo NAS を VPN ネットワークに接続する方法?

仮想プライベートネットワーク (VPN) はインターネット全体にプライベートネットワークを拡張します。 プライベートネットワークに高度なセキュリティと管理のポリシーを適用し、まるでプライベートネットワークに直接接続しているかのように、デバイスは共有または公開ネットワーク全体でデータを送受信することができます。

QNAP Turbo NAS は VPN クライアントサービスを提供します。このサービスは PPTP または OpenVPN を介して VPN サーバーに接続して安全な接続を確立し、プライベートネットワークにリモートアクセスすることができます。 Turbo NAS では複数の VPN 設定を保存することも可能です。さまざまな接続を簡単に切り替えることができます。

VPN クライアント サービスの設定

次の指示に従い、Turbo NAS の VPN クライアント サービスの初回設定を行います。

  1. 開始する前に
  2. PPTP を介して VPN サーバーを接続します。
  3. OpenVPN を介して VPN サーバーを接続します。

1. 開始する前に

VPN クライアントサービスを開始する前に、Turbo NAS が次のように設定されていることを確認します。

  1. インターネット接続は通常です。
  2. QTS バージョンが 4.1.2 以降です。
  3. VPN サーバーサービスがアクティブになっている場合は、それを無効にする必要があります。 クライアントサービスとサーバーサービスは同時に実行できません。

2. PPTP を介して VPN サーバーに接続する

ポイントツーポイントトンネルプロトコル (PPTP) は VPN を実装するために一般的に使用される手法であり、Windows、Mac OS X、Linux、モバイルデバイスなど、ほとんどのクライアントでサポートされています。

「コントロールパネル」に進み、「VPN クライアント」をクリックします。

「追加」をクリックし、「PPTP」を選択して VPN サーバーを接続します。

接続構成設定を入力します。プロファイル名、(接続先の) サーバーアドレス、VPN サーバーのユーザー名とパスワードなどです。

「認証」メニューから次の認証メカニズムのいずれかを選択し、認証中に VPN クライアントのパスワードを保護します。

  • MS-CHAPv2: パスワードは Microsoft CHAP バージョン 2 で暗号化されます。
  • MS-CHAP: パスワードは Microsoft CHAP バージョン 1 で暗号化されます。
  • PAP: パスワードは暗号化されません。
  • CHAP: パスワードは CHAP で暗号化されます。

MS-CHAP または MS-CHAPv2 を選択した場合、「暗号化」メニューに進み、オプションを選択します。

  • なし: VPN 接続は暗号化されません。
  • 中 (AES 40/128 ビット): VPN 接続は 40 ビットまたは 128 ビットの鍵で暗号化されます。
  • 高 (AES 256 ビット): VPN 接続は 256 ビット (可能な限り最高のレベル) の鍵で暗号化されます。

構成に基づき、次のチェックボックスにチェックを入れます。

  • リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用します: これを選択すると、すべてのパケットが VPN サーバー経由で転送されます。
  • 他のネットワークデバイスに NAS 経由の VPN 接続を許可します: これを選択すると、NAS と同じ LAN のネットワークデバイスは同じ VPN に接続できます。
  • VPN 接続が失われたときに再接続します: これを選択すると、接続が失われたとき、VPN サーバーに自動的に再接続します。

「接続」を選択して開始します。

注記:
「リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用します」にチェックを入れた場合、Turbo NAS のデフォルトゲートウェイは VPN サーバーのデフォルトゲートウェイに変わります。

「他のネットワークデバイスに NAS 経由の VPN 接続を許可します」にチェックを入れた場合、他のデバイスのデフォルトゲートウェイを変更する必要があります。 例として Windows PC を利用します。

「コントロールパネル」 > 「ネットワークと共有センター」 > 「アダプターの設定の変更」に移動します。

接続アイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

「Internet Protocol Version 4 (TCP/IP)」を選択し、「プロパティ」をクリックします。

「次の IP アドレスを使用する」を選択し、デフォルトゲートウェイを VPN クライアントサービスを実行する Turbo NAS の IP アドレス (この例では 192.168.1.14 です) に変更し、「OK」をクリックします。

3. OpenVPN を介して VPN サーバーに接続する

Turbo NAS は VPN サービスのオープンソースソリューションである OpenVPN もサポートしています。 これは SSL/TLS 暗号化メカニズムで VPN の接続を保護します。 Windows、Mac OS X、Linux、Android、iOS でも利用できます。

「VPN クライアント」に進み、「追加」をクリックし、「OpenVPN」を選択して VPN サーバーに接続します。

プロファイル名、(接続先の) サーバーアドレス、VPN サーバーのユーザー名とパスワードなどの接続構成設定を入力します。 「サーバーポート」の OpenVPN サーバーと同じ構成を選択します。 「認定」をクリックし、OpenVPN サーバーからエクスポートした証明書 (ca.crt) をインポートします。構成に基づき、次のチェックボックスにチェックを入れます。

  • 圧縮 VPN リンクを有効にします: これを選択すると、VPN 経由で転送する前にデータが圧縮されます。
  • リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用します: これを選択すると、すべてのパケットが VPN サーバー経由で転送されます。
  • 他のネットワークデバイスに NAS 経由の VPN 接続を許可します: これを選択すると、NAS と同じ LAN のネットワークデバイスは同じ VPN に接続できます。
  • VPN 接続が失われたときに再接続します: これを選択すると、接続が失われたとき、VPN サーバーに自動的に再接続します。

「接続」をクリックして開始します。

「リモートネットワークでデフォルトのゲートウェイを使用します」にチェックを入れた場合、Turbo NAS のデフォルトゲートウェイは VPN サーバーのデフォルトゲートウェイに変わります。

「他のネットワークデバイスに NAS 経由の VPN 接続を許可します」にチェックを入れた場合、他のデバイスのデフォルトゲートウェイを変更する必要があります。 詳細は上のチュートリアルを参照してください。

リリース日: 2014-12-22
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
47% の人が、これは役に立つと思っています。