QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

QNAP NAS でスナップショットを使用する際に必要なことは?

スナップショットはお客様のデータをブロックレベルで保護します。スナップショットは特定の一時点でお客様のデータを記録します。データが誤って削除または変更された時点の状態にできます。

お客様のNAS でスナップショットを使用する際に必要なハードウェアとソフトウェアの要件を以下にご説明します。

ご利用の NAS がスナップショットをサポートしていること

サポートされているモデルとシリーズにの一覧は https://www.qnap.com/solution/snapshots をご覧ください。

NAS に 4GB 以上のメモリが搭載されていること

スナップショットは大量のシステムメモリを消費します。NAS の安定性を確保するために、すべてのスナップショット機能はメモリが 4GB に満たない NAS では無効にされます。

お使いの NAS が 4GB 以上を搭載していないもののメモリアップグレード可能な場合は、メモリを追加してスナップショットを有効にできます。

スナップショットはシックボリューム、シンボリューム、ブロックベースの iSCSI LUN のみを保護できます。

スナップショットはストレージプールに保存されるため、ストレージプールに作られたボリューム、シンボリューム、ブロックベースの LUN のみがスナップショットの対象となります。スナップショットは古いボリューム、シングル、スタティックボリューム、ファイルベースの LUN では利用できません。

ご利用の QTS バージョンがスナップショットをサポートしていること

スナップショットは QTS 4.2 以降でサポートされます。ただし、TS-1635、TS-831X、TS-531X、TS-431X などの ARM ベースの NAS シリーズでは、QTS 4.3.4 でスナップショットのサポートが追加されています。

ご利用の NAS でスナップショットが無効になっている場合は、QTS 4.3.4 以降にアップデートしてみてください。

ご利用のストレージプールがスナップショットをサポートしていること

ストレージプールが作られた時の QTS のバージョンがスナップショットをサポートしないものであった場合、QTS をスナップショットをサポートするバージョンにアップデートしますが、レガシープールではスナップショットは使用できません。QTS をアップデートした後の新しいストレージプールはスナップショットが利用できます。

この問題の回避策は、古いストレージプールの全データを外部ストレージデバイス、別の NAS、あるいは Hybrid Backup Sync を使用してクラウドにバックアップすることです。

Hybrid Backup Sync は App Center からダウンロードできます。詳細は、https://www.qnap.com/solution/hybrid-backup-sync をご覧ください

LUN は、Storage & Snapshots の LUN バックアップを使用してもバックアップできます。この機能を使うと、LUN をイメージファイルにエクスポートでき、その後それをブロックベースまたはファイルベースの LUN に復元します。

バックアップにお客様の全データの正しいコピーが含まれていることを検証した後、“Storage & Snapshots” を利用して古い昔のストレージプールを削除し、新しいストレージプールを作成します。


別法として、お客様の NAS に空きドライブベイがあるか、拡張ユニットをお持ちであれば。追加ドライブを NAS に入れることができます。その空きドライブを利用して新しいストレージプールを作り、全データを古いプールから新しいものへ移動させます。

リリース日: 2017-09-07
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
100% の人が、これは役に立つと思っています。