QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

QIoT Suite Lite から Arduino Yun を QNAP NAS に接続する

Arduino Yun(Python)を使い始める

このチュートリアルでは、Arduino Yun(Linuxを実行)との動作の基本について説明します。次に、QIoT Suite Liteを使用して、お使いのデバイスをQNAP NASにシームレスに接続する方法を説明します。この例では、DHT11 湿度および温度センサーを使用しています。

1.デバイスの構成

1.1 Arduino IDEのダウンロード

1.2 デバイスの構成とテスト

Arduino Yunを初めて使用する場合は、以下の手順に従って組み立てを行う必要があります。

  • Arduino YunをUSBでPCに接続します。
  • Arduino IDEを開き、Blinkの例を見つけます。
  • ボードの構成:
  • ポートの構成:
  • Blink 例の検証とArduino Yunへのアップロード
  • Arduino Yunにコードをアップロードし終えたら、Arduino Yunを確認し、L13の点滅を確認します。
  • Arduino Yun上の「Ground」、「5V」、「Pin 2(Digital)」にDHT11 センサーをそれぞれ接続します。

1.3 Arduino YunのIPアドレスの取得

  • Wi-Fiリセット ボタンを5秒間にわたり長押しします。
  • Wi-Fi 設定に移動して [Arduino-Yun-XXXXXXX] を選択します(「XXXXXXX」は、Arduino YunのMACアドレスです)。
  • ブラウザーを開き、「http://192.168.240.1」または「http://arduino.local」に移動します。デフォルトのパスワードは、「arduino」です。
  • ボード設定を完了させ、使用しているルーターにArduino Yunをリンクします。[API設定] をスキップして、[保存] をクリックします。
  • PC 上で、Wi-Fi ネットワークをルーターに変更します。すると、NAS と Arduino が同じネットワーク上に配置されます。

1.4 Arduino Yun の開発ツールのインストール

  • http://arduino.local からターミナルを開きます。
  • ユーザー名「root」およびパスワードを使用してログインします。デフォルトのパスワードは、「arduino」です。
  • 以下のコマンドを入力して、PIPおよびMQTTライブラリをインストールします。

2.QIoT Suite Liteでのデバイスの作成

2.1 QIoT Suite Liteのインストール

  • QIoT Suite Liteは、App Centerからインストールできます。
  • QIoT Suite Liteを起動してログインします。デフォルトのユーザー名とパスワードは「admin」です。

2.2新しいIoTアプリケーションの作成

IoTアプリケーションは、モノ、ルール、ダッシュボードの組み合わせです。最初にIoTアプリケーションで「モノ」を作成することをお勧めします。このIoTアプリケーションを使用することで、NASに接続されている全てのデバイスの記録を維持することができます。

ルールでは、接続デバイスによって生成されたデータの収集、処理、分析、および操作を行うためのIoTアプリケーションを構築できるようになります。ルールは、1つまたは複数のデバイスのデータに適用できます。また、同時に1つまたは複数の操作を行うことが可能です。

これら全ての要素は、完全なIoTアプリケーション環境をユーザーに提供します。

QIoT Suite Liteを初めて使用する場合は、[クイック セットアップ ウィザード] をクリックして、クイックスタートウィザードを開始します。説明を読み終えたら、[次へ] をクリックします。

?

  • 新しいIoTアプリケーションを作成します
    • IoTアプリケーション名を入力してください(例:"app_1")。
    • ルール名およびダッシュボード名は、IoTアプリケーション名に基づいて自動的に生成されます。
    • [次へ]をクリックします。
  • [+ 追加] をクリックして、このアプリケーションデバイスを追加します。
  • [+ 追加] をクリックした後、[モノの追加] において:
    • デバイスの名前を入力します(この例では「arduino」)。次に、[属性を追加] にデバイス情報(シリアル番号や製造元など)を入力します。
    • デバイスが既にQIoT(Arduino Yun、Raspberry Pi、Edison、およびLinkit 7688(Duo))によってサポートされている場合は、事前に定義したモノのタイプを選択します。
    • [追加] をクリックします。
  • IPアドレス、ユーザー名、デバイスのパスワードを入力して、接続アイコンをクリックします。QIoT Suite Liteは、デバイスとの接続を確認します。接続が検証されたら、[次へ] をクリックします。
  • [リソース] において、[リソースを追加します] をクリックします。
  • [モノのリソースを追加] において
    • [リソース名] および [リソースID] にセンサーの名前およびIDを入力します。注意:このリソースIDは、QIoTブローカーにおいてトピックを作成するために使用されます。このIDは、デバイスに対して一意である必要があります。同じデバイスに重複したものを使用することはできません。
  • [APIキー] で:
    • QIoTダッシュボードウィジェットをWebページに組み込む場合や、サードパーティのアプリケーションからQIoT APIにアクセスするには、[APIキー] タブに移動して [新しい API キーを生成] をクリックします。[終了] をクリックします。
  • これで、IoTアプリケーションが作成されます。Node.jsサンプルコードおよび関連ファイル(証明書、リソース情報)は、お使いのデバイス上の指定されたパスにアップロードされます。
  • サンプルダッシュボードが作成されます。
  • [ルール] タブに移動してデバイスから送信されたデータの処理方法、ダッシュボードでの表示方法についてフローまたはルールを定義します。

3.MQTTSを使用してQIoT Suite Liteにデバイスを接続

3.1 サンプルコードの実行

  • ターミナルアプリケーション(例:PuTTY)をPCで開きます。SSHを使用してデバイスを接続し、サンプルコードが保存されている場所(例:SSHを使用してデバイスを接続し、サンプルコードが保存されている場所(例:/home/root/bundle)のフォルダを入力します。
  • サンプルコードの依存関係をインストールし、以下のようにコマンドを入力します。
  • サンプルコードの実行
  • デバイスは、トピック [temp] (あるいは定義したトピック)にメッセージを送信します。

3.2 別のプロトコル

  • [デバイスの接続] をクリックします。
  • 別のプロトコルを選択できます。
  • SSHを使用してデバイスに接続し、以下のコマンドを入力します。

4.?Power BIの統合

4.1初めてのPower BIアカウントの取得

  • 以下のURLで無料のPowerBIアカウントの登録を行います。https://powerbi.microsoft.com/en-us/
  • 一連の登録を終えたら、下のページに移動します。そこでは、[マイ ワークスペース] を押すことで、[今はスキップ] ボタンが表示されます。[今はスキップ] をクリックすることで、データセットの作成を開始できます。

4.2 ストリーミングデータセットAPIの設定

  • [データセット]を作成します
    • 右上隅の [作成] をクリックします。
    • [ストリーミング データセット] をクリックします
  • データのソースとして [API] を選択して [次へ] をクリックします。
  • ストリームの値を定義します(例:temp、max、min)。すると、JSONの結果がテキストボックスに表示されます。このJSONコードを使用しQIoT Suite Liteアプリケーションにデータをプッシュします。[作成] をクリックして終了します。
  • データストリームを作成したら、IoTアプリケーションが、作成したストリーミングデータのデータセットにライブデータをプッシュするためにPOSTリクエストを使用して呼び出しできるREST API URLが表示されます。

4.3 IoTアプリケーションにおけるNode-REDノードの構成

  • QIoT SuiteでIoTアプリケーションを作成します。
  • ?以下は、最初のNode-REDフローです。自身のIoTフローの作成を開始できます。Node-RED についての詳細は、https://nodered.org/ で参照できます。
  • ライブ データをPower BIにプッシュする前に「function」ノードによって、IoTデータがストリーミング データのデータセットに変換される必要があります。ここでは、msg.payloadをJSONデータセットに置き換えることができます。
  • 以下のような関数コード:
  • 「http request」ノードによって、Power BIへのライブデータのプッシュが支援される必要があります。「http request」ノードをドラッグアンドドロップして、「function」ノードの末尾に接続します。
  • Power BIコンソールから取得したREST API URLをコピーして貼り付けし、httpメソッドをPOSTに設定します。[展開] をクリックして変更を保存します。
  • Node-REDフローは以下のようになります。

4.4 リアルタイムデータを表示するためにタイルを追加

  • [ダッシュボード] を作成します
    • 画面の右上隅の [作成] をクリックします
    • [ダッシュボード] をクリックします
    • ダッシュボードの名前を入力し、[作成]をクリックしてダッシュボードの作成を完了させます。


  • 画面の右上の [タイルの追加] をクリックします。
  • [カスタム ストリーミング データ] を選択し、[次へ] をクリックします。
  • データセットを選択して [次へ] をクリックします。
  • 仮想化タイプ(例:ゲージ)を選択し、値、最低値、最大値を設定します。

    作業するストリーミングデータセットを得ることができ、以下のようなリアルタイムゲージを取得できます。

QIoT Suite Liteサンプルコード「QNAP-Github」については、QNAP githubにアクセスしてください。

リリース日: 2017-10-30
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
100% の人が、これは役に立つと思っています。