QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

OceanKTV のインストールおよび使用方法

序文

OceanKTV TVplayer は、HybridDesk Station で動作するカラオケ プラットフォームです。これを使用することで、NAS で友達や家族とともにカラオケを楽しむことができます。OceanKTV は、QTS で動作するカラオケ アプリケーションです。これを使用することで、NAS およびインターネットの両方から曲をリクエストしたり、カラオケ コンテンツを管理したりすることができます。

OceanKTV のインストール

OceanKTV を使用する最低要件:

  • NAS は、HybridDesk Station 3.0.0 またはそれ以降のバージョンをサポートしている必要があります。
  • NAS には、最低 4GB のメモリが必要です。
  1. QTS に管理者としてログインします。
  2. [コントロール パネル] > [アプリケーション] > [HybridDesk Station] に移動します。
  3. [有効化] をクリックします。
  4. App Center に移動します。
  5. OceanKTV を検索します。
  6. [インストール] をクリックします。

インストールが完了すると、OceanKTV が QTS デスクトップに表示されます。カラオケ コンテンツの管理方法についての詳細は、次のセクションをご覧ください。

HybridDesk Station で OceanKTV を開く

  1. HybridDesk Station が有効化され、OceanKTV が QTS にインストールされていることを確認します。
  2. HDMI 経由でモニターを NAS に接続します。
  3. NAS アカウントを選択し、パスワードを指定します。
  4. デスクトップで OceanKTV をクリックします。
  5. マイクロフォンを NAS に接続します

曲のインポートとルールの定義

曲をインポートするには、次の手順に従います。

  1. OceanKTV を開きます。
  2. 管理モードに切り替えます。
  3. [インポート] をクリックします。
  4. インポートしたい曲を含むフォルダを選択します。
  5. (オプション) [サブフォルダを含む] を選択します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. インポートした曲の分類ルールを指定します。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. [適用] をクリックします。
  10. [OK] をクリックします。

OceanKTV では、ユーザーのニーズを満たすために分類ルールの定義およびカスタマイズを行うことができます。異なるアーティスト名や曲情報を区別するために記号を指定します。また、ファイル名およびフォルダ名を使用して情報を指定することや、インポートした曲にデフォルト値を設定することができます。

以下の例では、複数の種類の方法を示しています。

分類ルールおよび例

[すべてのフィールドを空白のままにする]‘
ルールを指定せずに、すべてのフィールドを空白のままにすると、OceanKTV は曲のタイトルとしてファイル名を指定します。

[ファイル名を使用して情報を指定]‘
ファイル名を使用して曲の情報を指定することや、各種列を区別するために記号を選択することができます。注意: 各フィールドには、情報元を指定する必要があります。そして、指定するルールに従ってインポートしたファイルに名前を付ける必要があります。

たとえば、記号 (-) を使用して列を分け、Adele-Hello-English-female-pop-L というファイル名を付ける場合は、インポートした後で、Adele がアーティスト名、Hello が曲のタイトル、English が言語、 female がアーティスト タイプ、pop がジャンル、L がボーカル トラックになります。

[ファイル名およびフォルダ名を使用して情報を指定]‘

ファイル名およびフォルダ名の両方を使用して曲情報を指定することができます。注意: 各フィールドには、情報元を指定する必要があります。

たとえば、ジャンルおよびアーティスト タイプとしてフォルダ名および親フォルダ名を使用することや、ファイルを使用してアーティスト名、曲のタイトル、言語を指定することができます。ファイルのパスが「OceanKTV/Pop/Female」で、ファイル名が Adele-Hello-English である場合、Pop がジャンル、Female がアーティスト タイプ、Adele がアーティスト名、Hello が曲のタイトル、English 言語となります。

[デフォルト値を設定し、ファイル名を使用して情報を指定]‘

これらの値がすべての曲で共有される場合、インポートした曲すべてにデフォルトの値を設定することができます。

たとえば、インポートしたフォルダの曲がすべての英語の曲で、アーティストがすべて女性である場合、[デフォルト値を使用] および [カスタム] を選択して、値を指定することができます。ファイル名には、その他の情報を指定することもできます。

ルールを定義したら、[次へ] をクリックして曲の情報をプレビューします。データを直接変更することもできます。

データを検証したら、[適用] をクリックして、[OK] をクリックし、曲のインポートを開始します。

インポートを監視するには、[バックグラウンド タスク] をクリックします。ここでは、インポート日、曲数、現在の進捗状況を表示することができます。

YouTube からの曲の検索とインポート

曲を検索するには、検索フィールドにキーワード (曲のタイトルまたはアーティスト名など) を入力します。OceanKTV では、以下の 3 つのカテゴリにおいて結果が表示されます。ローカルの曲、YouTube プレイリスト、YouTube ソング。

OceanKTV は、各カテゴリに対して 5 つの検索結果 (利用可能な場合) を一覧表示します。[表示] をクリックすることで、その他の結果を表示できます。曲を追加するには、曲またはプレイリストの隣にある [+] をクリックします。

インポート履歴の表示

インポート履歴を表示するには、右上隅で をクリックします。

インポート履歴では、各インポート タスクの以下の詳細を表示することができます。

  1. タスク名:インポート タスクは、インポート日および時刻にちなんで名前が付けられます。
  2. パス: ソースのファイル パス
  3. インポート項目: 実際にインポートされた曲数
  4. 合計項目: インポート タスクに選択された曲数
    注意: OceanKTV は、インポートされた曲をインポートしません。よって、一部の選択された曲はインポートされないことがあります。
  5. 状態:
    • 完了: インポート タスクが完了しました。
    • 削除済み: インポート タスクが削除されました。
  6. アクション: をクリックしてインポート詳細を表示します。 をクリックして、インポート タスクの曲すべてを削除します。

曲の表示と編集

インポートした曲およびそれらの情報は、最近のインポート および で表示できます。お気に入りに曲を追加したり、曲を選択したりすることができます。すると、 をクリックして以下の操作を行うことができます:

  1. 編集:曲の情報を変更します
  2. プレビュー:曲が YouTube からインポートされる場合、OceanKTV は元の YouTube ページを開きます。曲がローカルにインポートされる場合、OceanKTV はビデオを直接再生します。
  3. プレイリストに追加:作成したプレイリストに曲を追加します
  4. プレイリストに適用:プレイリストに曲を追加し、その他のプレイリストのすべての重複を削除します。
    * たとえば、プレイリスト A およびプレイリスト B には両方とも、Hello という曲があります。[プレイリストに追加] を選択し、曲をプレイリスト C に割り当てると、プレイリスト C に曲が追加され、プレイリスト A およびプレイリスト B の両方における重複が削除されます。
  5. 削除:曲の削除

OceanKTV で歌う

曲をインポートしたら、以下の操作および機能を使用するために「Sing」モードに切り替えます。

  • 推奨
    このセクションでは、YouTube の人気のある曲を使用しています。これらは、ブラウジングを容易にするため、複数のカテゴリに分類されます。
  • お気に入り
    曲にすばやくアクセスするために、このセクションにお気に入りの曲を追加することができます。曲はいつでも削除できます。
  • プレイリスト
    このセクションには、YouTube からのプレイリストと作成したプレイリストの両方が含まれます。各種プレイリストには、独自の色がついています。
  • クイック リクエスト
    このセクションでは、よくリクエストする曲や、最近リクエストした曲が一覧表示されます。
  • 曲のリクエスト
    このセクションでは、OceanKTV にインポートされた曲や、YouTube 上で見つかった曲を素早くリクエストできます。
  • 再生対象、再生済み、リモート コントロール
    これらの機能を使用するには、右上隅のアイコンをクリックします。
    • 再生:再生した曲や再生されている曲がすべて一覧表示されます。
    • 再生済み:再生した曲がすべて一覧表示されます。
    • リモート コントロール:ボーカル トラックの削除、調の調整、声援の追加など、多くの便利な機能を利用できます。

オーディオ出力の選択

NAS 上の HDMI ポートにオーディオ デバイスを接続します。右上隅の をクリックし [設定] を選択します。[オーディオ 出力] で、オーディオ出力のデバイスを選択し、[適用] をクリックします。


リリース日: 2017-09-08
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください