QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Cloud Backup Sync で WebDAV に接続する方法は?

WebDAV

Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV) は Hypertext Transfer Protocol (HTTP) の拡張機能であり、これを利用することで、Web サーバーに保存されている文書やファイルを共同作業で編集したり、管理したりできます。 WebDAV は、HTTP を基盤にしていることから、インターネットでファイルにアクセスするための最も人気のあるプロトコルの 1 つです。 WebDAV に関する詳細については、http://www.webdav.org/ をご覧ください。

WebDAV は商用またはオープンソースの Web サーバーソフトウェアでサポートされています。 多くのオンラインストレージプロバイダーは独自のプロトコルに加えて WebDAV でのアクセスを提供しています。 QNAP は WebDAV 対応のクラウドストレージにアクセスするための Cloud Backup Sync App を提供します。 多くのオンラインストレージサービスで無料ストレージを提供しているので、Cloud Backup Sync App を利用し、複数のクラウドストレージサービスにデータをバックアップすれば、無料ストレージを最大限に活用できます。 プロトコルトランスレーターとして機能するクラウドサービスもあります。WebDAV を利用し、さまざまなクラウドストレージサービスにアクセスできます。つまり、すべてのクラウドストレージに 1 箇所からアクセスできます。

最初にアカウントとストレージ空間を作成し、それからストレージ空間を利用してバックアップジョブや復元ジョブを作成できます。

アカウント

Hybrid Backup Sync を起動したら、左パネルの「Storage Space (ストレージ空間)」タブを拡張し、「Profile (プロファイル)」をクリックし、新しいクラウドアカウントを作成します。 このページで、アカウントを作成、編集、削除したり、アカウント別の回数制限を設定したりできます。 ユーザー名やアクセスキーの変更など、クラウドストレージアカウント ID を変更する場合、それに対応するジョブの状態がリセットされます。バックアップ先も変更されたら、すべてのファイルを再度アップロードする必要があります。

クラウドアカウントを作成するには、「Create (作成)」をクリックし、「Cloud Account (クラウドアカウント)」を選択します。

クラウドサービスを選択し、「Next (次へ)」ボタンをクリックし、アカウント情報を入力します。


Cloud Backup Sync App では、WebDAV を利用してさまざまなクラウドストレージサービスにアクセスできます。 WebDAV は標準のプロトコルですが、クラウドストレージサービスプロバイダーは異なる認証パラメーターを提供することがあります。 詳しくはサービスプロバイダーにご相談ください。

ストレージ空間

クラウドアカウントを作成したら、「Storage Space (ストレージ空間)」に進み、クラウドストレージ空間を作成します。 その後、そのストレージ空間を利用し、バックアップジョブや復元ジョブを作成できます。

「Adding Storage Space (ストレージ空間の追加)」アイコンをクリックし、「On cloud (クラウドで)」を選択し、クラウドサービスをクリックし、ストレージ名を入力し、クラウドアカウントを選択し、ストレージ空間を設定します。


ストレージ空間のためにフォルダーを選択するか、新しいフォルダーを使用する必要があります。 バックアップデータのファイル名に特殊文字が含まれる場合、クラウドストレージにデータを適切に保存するために、名前のエンコードオプションを有効にする必要があります。 データを復元するとき、元のファイル名が Cloud Backup Sync App により復元されます。

クラウドアカウントを作成していない場合、「New Profile (新しいプロファイル)」を選択し、「Settings (設定)」をクリックし、新しいアカウントを作成します。

リリース日: 2016-01-30
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
33% の人が、これは役に立つと思っています。