QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

Cloud Backup Sync で Amazon S3 に接続する方法は?

Amazon S3

Amazon Web Service (AWS) Simple Storage Service (S3) は安全で信頼性があり、高度な拡張が可能なオブジェクトストレージサービスです。 Amazon S3 は市場に出回っているクラウドストレージサービスの中で最大級の拡張性を誇ります。 QNAP が提供する Cloud Backup Sync で S3 サービスにアクセスできます。 世界中のあらゆる AWS 標準地域の他に、中国 (https://www.amazonaws.cn/) や米国政府顧客専用クラウド (GovCloud: http://aws.amazon.com/govcloud-us/) のような特別地域をサポートします。 詳しくは、http://aws.amazon.com/s3/ にアクセスしてください。

DreamHost、SoftBank、SFR、hicloud S3 などさまざまなインターネットサービスプロバイダーと IaaS プロバイダーか S3 対応サービスを提供しています。 エンタープライズストレージベンダーが提供するサービスを利用し、QNAP Object Storage Server など、プライベート S3 対応クラウドストレージサービスを構築することもできます。 Cloud Backup Sync App では、あらゆる S3 対応クラウドストレージにデータを保存できます。

最初にアカウントとストレージ空間を作成し、それからストレージ空間を利用してバックアップジョブや復元ジョブを作成できます。

アカウント

Hybrid Backup Sync を起動したら、左パネルの「Storage Space (ストレージ空間)」タブを拡張し、「Profile (プロファイル)」をクリックし、新しいクラウドアカウントを作成します。 このページで、アカウントを作成、編集、削除したり、アカウント別の回数制限を設定したりできます。 ユーザー名やアクセスキーの変更など、クラウドストレージアカウント ID を変更する場合、それに対応するジョブの状態がリセットされます。バックアップ先も変更されたら、すべてのファイルを再度アップロードする必要があります。

クラウドアカウントを作成するには、「Create (作成)」をクリックし、「Cloud Account (クラウドアカウント)」を選択します。

クラウドサービスを選択し、「Next (次へ)」ボタンをクリックし、アカウント情報を入力します。


アカウントの設定は使用中のクラウドストレージに依存します。 Cloud Backup Sync App では、次の S3 サービスをご利用いただけます。

  • AWS グローバルサービス: 一般的な AWS サービスアカウント
  • AWS GovCloud (US) サービス: 米国政府顧客専用の AWS データセンター
  • AWS China サービス: 中国の利用者のための AWS データセンター
  • S3 対応サービス: S3 対応 API を提供するパブリックまたはプライベートのクラウドストレージ
  • QNAP OSS サービス: Object Storage Server アプリがインストールされている QNAP NAS

S3 クラウドストレージにアクセスするには、クラウド管理コンソールからアクセスキーと秘密キーを入手する必要があります。 アプリでアカウントを作成するとき、キー情報を入力します。 S3 対応ストレージを使用するとき、ストレージの IP アドレスまたはドメイン名と (標準の HTTP または HTTPS ポートを使用しない場合) ポート番号も必要になります。

AWS サイトは別々に管理されていることに注意してください。 1 つのサイトの資格情報で別のサイトのクラウドサービスにアクセスすることはできません。 たとえば、AWS グローバルサービスサイトの資格情報で AWS China サービスにアクセスすることはできません。 AWS ルートアカウントアクセスキーの代わりに AWS IAM ユーザーのアクセスキーを使用することも推奨されます。

ストレージ空間

クラウドアカウントを作成したら、「Storage Space (ストレージ空間)」に進み、クラウドストレージ空間を作成します。 その後、そのストレージ空間を利用し、バックアップジョブや復元ジョブを作成できます。

「Adding Storage Space (ストレージ空間の追加)」アイコンをクリックし、「On cloud (クラウドで)」を選択し、クラウドサービスをクリックし、ストレージ名を入力し、クラウドアカウントを選択し、ストレージ空間を設定します。


ストレージ空間のためにバケットを選択するか、新しいバケットを使用する必要があります。 バケット名はすべての AWS アカウントで共有されることにご注意ください。そのため、他の AWS アカウントで使用されていない名前でのみバケットを作成できます。 別の AWS アカウントが所有するバケット名を入力した場合、エラーメッセージが表示されます。 バックアップジョブはバックアップされるファイルごとにクラウドストレージにオブジェクトを 1 つ作成します。

マルチパートサイズにより、転送するデータユニットのサイズが決まります。 大きなマルチパートサイズを使用するとデータ転送が速くなることがあります。ファイルの転送に必要なネットワーク接続の数が少なくて済むためです。 ただし、大きなマルチパートサイズでは、接続が中断されたとき、大きなまとまりのデータを再送信しなければなりません。 ネットワークが不安定な場合、大きなマルチパートサイズは使用しないでください。 一方で、クラウドストレージの仕様によっては、アップロードできるシングルファイルのパート数にも上限があります。 たとえば、Amazon S3 の上限は 10,000 パートです。 ジョブのマルチパートサイズとして 32MB を使用する場合、シングルファイルの最大サイズは 320,000MB になります。 マルチパートアップロードをサポートしていない S3 対応クラウドストレージもあります。最大ファイルサイズの上限は構成されているマルチパートサイズになります。 たとえば、ジョブのマルチパートサイズとして 32MB を使用する場合、シングルファイルの最大サイズは 32MB になります。 詳細については、クラウドストレージベンダーにご相談ください。

Amazon クラウドサービスには 3 種類のストレージクラスがあります。Standard、Infrequent Access(IA)、Reduced Redundancy Storage(RRS) です。 IA は Amazon S3 Standard の高い耐久性、低い待ち時間、高いスループットを実現しますが、低価格です。 RRS の場合、コストが節約されますが、標準のクラウドストレージと比べてデータの信頼性が下がります。データを失うリスクを背負い、一部のファイルを復元できないことがあります。

サーバー側暗号化は Amazon のサーバーにあるデータを暗号化します。 データに基本的な保護を提供しますが、Amazon S3 の資格情報を入手された場合、復号化されます。 セキュリティの強化が必要であれば、バックアップポリシーでクライアント側の暗号化をご利用ください。

クラウドアカウントを作成していない場合、「New Profile (新しいプロファイル)」を選択し、「Settings (設定)」をクリックし、新しいアカウントを作成します。

リリース日: 2016-01-30
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
20% の人が、これは役に立つと思っています。