QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

仮想カメラを利用し、メガピクセルカメラを最大限に活用する

前提条件:

  • QTS 4.2 以降がインストールされた QNAP Turbo NAS
  • Surveillance Station 5.1 以降
  • オペレーティングシステム: Microsoft Windows 7/8
  • Web ブラウザー: Google Chrome 43.0.2357.130 m (Windows PC)、Microsoft Internet Explorer 10/11 (Windows PC、デスクトップモード、32 ビット)、Mozilla Firefox 39.0 (Windows PC)

注記: この機能はローカルディスプレイと QVR Client for Mac ではご利用いただけません。

高メガピクセルカメラが主流になっています。動画の画質が上がり、より鮮明な映像になっただけでなく、カメラがとらえる領域も広くなりました。 カメラの視野の領域を仮想カメラとして選択したり、表示管理ページで物理カメラと仮想カメラを表示し、簡単に管理したりできます。

仮想カメラを追加するには、Surveillance Station 5.1 を起動し、「カメラ設定」 > 「カメラ構成」に進みます。 物理カメラを追加したら、 をクリックします。

仮想カメラ設定

仮想カメラの領域やサイズを定義できます。「仮想カメラ領域の編集」ウィンドウで領域をドラッグするか、領域やサイズの値を入力します。

注記: チャンネルライセンスを追加購入しなくても、物理カメラに最大 4 つの仮想カメラを追加できます。

仮想カメラを追加したら、 をクリックすると、そのカメラの情報が表示されます。 をクリックして仮想カメラの設定を編集したり、 をクリックして設定を削除したりできます。

仮想カメラの用途

  1. 表示管理ページで、仮想カメラをグリッドに追加できます。
  2. モニターページで、仮想カメラをウィンドウにドラッグし、監視できます。
リリース日: 2015-11-09
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
91% の人が、これは役に立つと思っています。