QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

中小企業向けサーバーシステムを QNAP Turbo Station 上に構築する方法

企業内のすべての部や課において、すべてのメンバーがファイルやバックアップデータを共有するためにネットワーク上にファイルサーバをセットアップするのが一般化しています。コンピュータハードウェアの購入、ハードウェア、OS、およびソフトウェアのインストール、すべてのユーザーに対するデータアクセス権の割り当てなどを含むサーバセットアップは、通常、各部署がIT専門家を雇用して完了します。

しかし、SOHOおよび小規模ビジネスユーザーにとって、サーバシステムのセットアップは難しいものです。いくつかの難点は:

  • SOHOあるいは小規模ビジネスにおけるIT専門スタッフの欠如:IT知識のないユーザーによってサーバをセットアップすること自体が簡単なことではありません。Linux、ソフトウェアインストール、および構成を短期間でしっかりと理解しなくてはならないからです。さらに、アカウント作成、権限設定、フォルダ作成などを含むサーバのメンテナンスも容易ではありません。こういった作業は、すべてITの専門家が完了するべきです。
  • 限られたスペース:SOHOまたは小規模ビジネスユーザーは、サーバ用の部屋をもたず、オフィススペースも限られています。PCはオフィスのスペースを取るものです。サーバはサーバ用の部屋に配置しないと、雑音によりユーザーの邪魔になります。
  • ファイルバックアップ メカニズムの欠如: ファイルサーバは一般的にファイル保管とデータ共有に使用されます;便利なツールの欠如にもかかわらず、バックアップにはほとんど使用されません。スタッフのコンピュータが失われたり、ファイルシステムがクラッシュした場合、甚大な損失となり、その埋め合わせには膨大な時間がかかります。

高コスト削減サーバのTurbo Station(ターボステーション)によるクイックセットアップ

Turbo Station(ターボステーション)は、数多くのパワフルな組込み機能を備えたNASサーバです。ファイルサーバ、そしてバックアップサーバとして使用されます。ターボステーションの機能を操作するために、ウェブサーバを使用して企業ウェブサイトを公開し、FTPサービスを有効化してファイル共有センターをセットアップすることができます。さらに、ターボステーションによって遠隔地より重要なデータをバックアップすることができます。

この項目では、小さいオフィスを使用するIT知識のないユーザーでも、一人でマルチ機能のサーバをセットアップできる方法についてご紹介します。

ファイルサーバとしてのTurbo Station(ターボステーション)の利点:

  • 簡潔なアクティブ化:ファイルサーバ、バックアップサーバ、フォルダ作成およびアクセス権限などは、ターボステーションの組込み機能です。他のソフトウェアをインストール必要がなく、専門家でないユーザーにとって大変便利です。
  • シンプルなウェブ管理インターフェイス:ターボステーションのユーザー管理、データ共有権限およびその他の設定葉'ウェブブラウザより簡単に完了することができます。
  • 便利でパワフルなバックアップソフトウェア‐NetBakレプリケータ:これはターボステーションにスケジュールあるいはリアルタイムでバックアップをおこなうためのパワフルなソフトウェアです。
  • リモートデータバックアップ対応:ターボステーション上のデータは、簡単な構成だけで、遠隔のターボステーションにバックアップすることができます。
  • 安定かつ省エネ:ターボステーションは組込みハードウェア設計を取り入れ、安定していながら省エネも実現。電力消費は約15-25Wです。 (NASは1日で14.4Wのみ) PCサーバと比べ、ターボステーションは電気代削減に大きく貢献します。
  • ノイズ無し:ターボステーションはアルミ合金ケースを熱放散のために使用、ファン無し設計を用いることで、完全に雑音無しでご使用いただけます。そのため、24時間電源を入れたままでもお仕事やお休みの邪魔になりません。
  • 小型デザイン:場所をとりません。 どこにでも簡単に配置することができます。

ターボステーションを使用して小規模オフィスにデータセンターをセットアップ?

  • 簡単なステップでターボステーションをセットアップ

  • ターボステーションにハードディスクを取り付け、クイックインストールガイドに従って初期化を完了します。
  • 同一のLANにPCとターボステーションとが接続されていることを確認してください。 QNAP Finder(QNAPファインダ:QNAPによる構成ユーティリティ)を実行し、LAN内のQNAPターボステーションを検出、ターボステーションのウェブ管理ページに入ります。

サーバがポップアップウィンドウを表示、ユーザー名およびパスワードの入力を求めます。(TS-109およびTS-209のデフォルトユーザー名: admin、パスワード: admin)

 

  • ターボステーションには固定IPを割り当てることが推奨されます。(NATルーターのいくつかのサービスのポートを開けてターボステーションの固定IPアドレスに転送する場合があるため)Network Settings(ネットワーク設定)>TCP/IP Configuration(TCP/IP構成)に移動してください。 例えばゲートウェイアドレスが192.168.1.1の場合、ターボステーションに固定IPアドレスを192.168.1.34と割り当て、サブネットマスクを255.255.255.0と設定することができます。ターボステーションのLAN IPはNATルーターのLANと同一であるよう注意してください。

B.ファイルサーバを手動でセットアップ

ステップバイステップで構成

  • ターボステーションの管理ページに入ります:
  • Administration(管理)をクリックし、管理ページに入ります。
  • Web File Manager(ウェブファイルマネージャ)を有効化します。

  • Network Settings(ネットワーク設定)内のWeb File Manager(ウェブファイルマネージャ)ページに移動します。
  • "Enable Web File Manager"(ウェブファイルマネージャを有効化)のボックスにチェックマークをいれ、Apply(適用)をクリックします。アクティブ化が正常におこなわれると、リンク先http://Turbo Station IP:8080/Qfilemanager/よりウェブブラウザを通してデータにアクセスすることができます。

  • Microsoftネットワークを有効化します。
  • Network Settings(ネットワーク設定)内のMicrosoft Networking(Microsoft ネットワーク)に移動します。
  • "Enable file service for Microsoft Network"(Microsoftネットワーク用のファイルサービスを有効化する)のオプションにチェックマークをいれ、Apply(適用)をクリックします。Windows OSのデータにアクセスすることができるようになります。
  • Appleのユーザーのためには、AppleネットワークページにてApple Talkファイルサービスを有効化することができます。
  • ユーザー、ユーザーグループ、ネットワーク共有フォルダの作成とフォルダアクセス権の割り当て
  • 管理ページにログインした後、User Management(ユーザー管理)に移動してユーザーグループの作成、ユーザーの追加または削除、そしてログインパスワードの変更をおこなうことができます。各ユーザーに対し特有なネットワーク共有を作成することもできます。
  • Network Share Management(ネットワーク共有管理)に移動し、共有フォルダの作成およびフォルダアクセス権(フルアクセス、読み取りのみ、アクセス不能を含む)を定義することができます。

  • 例:

User Management(ユーザー管理)にて、左側にあるUser Groups(ユーザーグループ)をクリックします。そこでCreate(作成)を選択。ユーザーグループ"Sales"(セールス)を追加します。


ユーザー"Shawn"(ショーン)を追加し、ショーンのためのパスワードを入力します。


ショーンをユーザーグループ セールスに追加します。

これらすべての構成は、ウェブブラウザからおこなうことができます。

  • 上記アカウントおよびフォルダ設定が完了した際に、各ユーザーにメールを送信してファイルサーバを使用するよう通知することが出来ます。
  • ユーザーにパスワードを変更するよう通知します:

<1> 全員にターボステーション管理ページのhttpリンク(例:http://192.168.1.34:8080/)をメールにて通知します。
<2> ユーザーは管理ページの"Change Password"(パスワード変更)をクリックし、各々のパスワードを変更することができます。

  • 全員がそれぞれのネットワークドライブを追加することができます。

<1> 各ユーザーにターボステーションのLAN IP(例:\\192.168.1.34(円記号を使用するよう注意))を知らせることが出来ます。ユーザーはネットワークドライブをMy Network Plaecs(マイネットワーク)内で追加または開くことが出来ます。あるいはリンクをウェブブラウザに入力しターボステーションで共有するネットワークフォルダにアクセスすることができます。

<2> 各ユーザーはそれぞれのフォルダを選択することができ、右クリックで"Map Network Drive"(ネットワークドライブをマップする)を選択することができます。

<3> ネットワーク共有におけるドライブ文字を選択します。フォルダにアクセスするためパスワードを入力します。

ネットワークドライブをマップすると、ネットワーク共有がMy Computer(マイコンピュータ)に表示されます。(下を参照) ドラッグアンドドロップ、あるいはコピーまたは貼り付けによって、データを読み込みあるいはダウンロードすることができます。

  • これで、ファイルサーバのセットアップは完了しています。すべてのユーザーはファイルバックアップおよび共有のための各自の個人およびグループのネットワーク共有をセットアップすることが出来ます。

C.すべてのユーザーのためのバックアップ体制をセットアップする

ターボステーションは、コンピュータ上の重要なデータをターボステーションのネットワーク共有にバックアップするためのパワフルなWindowsバックアップソフトウエア--NetBakレプリケータを搭載しています。他のユーザーはこのソフトウェアを自身のコンピュータにダウンロードし、そのパワフルなバックアップ機能を使用することができます。

スケジュールバックアップの作成

(1)バックアップファイルを選択します。
バックアップを希望する重要なファイル、例えばメール、アドレス、パワーポイントなどを選択し、"Save and Configuration File”(ファイルの保存および構成)ボタンをクリックしてバックアップ設定をrprファイルとして保存します。rprファイルはバックアップ ディレクトリを記録します。次回バックアップが必要な際、rprファイルを読み込むだけで同一のバックアップ設定を適用することができます。

  • バックアップを実行するには、"Start"(開始)をクリックします。選択したファイルがターボステーションの特定のフォルダに即時バックアップされます。
  • 日12時、などというように、スケジュールバックアップを作成してNetBakレプリケータが自動でデータをバックアップするように指定することも可能です。

パワフルなAuto-Sync(リアルタイム自動同期)バックアップ

一度"Monitor"(監視)ボタンをクリックすると、 Netbak Replicator(NetBakレプリケータ) は、PC上の定義されたバックアップ元におけるすべての変更(新規作成、削除、あるいは修正されたファイル)を監視します。 すべての変更は、ネットワークを通じてPCからターボステーションの行き先フォルダへ自動的にバックアップされます。

D.安全性向上! 簡単なリモートデータレプリケーション設定

"Remote replication"(リモートレプリケーション)はIT専門家と多大な投資があって初めて利用できるもの、と思われがちです。しかし、ターボステーションがあれば、リモートレプリケーション―ターボステーションのパワフルな組み込み機能―によるデータのバックアップが可能です。ソフトウェアのインストールは必要ありません。ウェブブラウザにより簡単にリモートレプリケーションをセットアップすることができます。

  • 始めに、遠隔ターボステーションにネットワーク共有を作成し、ローカルのターボステーションからバックアップできるようにします。この例では、RD1というフォルダを遠隔ターボステーションのOfficeネットワーク共有に作成しました。ログイン情報はuser01:12345です。
  • ローカルのターボステーションにてリモートレプリケーションを構成します。System Tool(システムツール)からRemote Replication(リモートレプリケーション)を選択します。

  • New(新規)をクリックし、新規レプリケーションジョブを作成します。異なるジョブを作成すれば、ターボステーション上の異なるネットワーク共有に異なるデータをバックアップすることができます。


  • 行き先フォルダとログイン情報を入力します。例えば、Office/RD1、ユーザー名: user01、パスワード: 12345)となります。遠隔ターボステーションにログインするには、ユーザー名およびパスワードが正しい必要があります。バックアップスケジュール、例えば毎日、週毎、および時間、などを選択します。ターボステーションはリモートレプリケーションをスケジュールに従って実行します。OKをクリックし、設定を保存します。

  • ターボステーションは、遠隔ターボステーションにスケジュールに従ってデータをバックアップ、データ保護を促進します。ターボステーションにより、高い付加価値と高度な組織機能をお楽しみいただけます!

ターボステーション上のデータをWANから遠隔ターボステーションにバックアップする際、ローカルのターボステーションがNATルーターの後ろに位置している場合は、ローカルのターボステーションにポート873を転送するようご注意ください。

最後に

QNAPターボステーションは数多くの素晴らしいソフトウェア機能、例えばファイルサーバ、バックアップサーバ、FTPサーバ、ウェブサーバ、およびリモートレプリケーションといった機能を備え、SOHOおよび小規模ビジネスユーザーのニーズにお答えする設計となっています。以前はIT専門家によってのみ利用することができた多数の高度で複雑な機能も、ウェブブラウザによって簡単に処理できるようになりました。小型組織サーバとして、ターボステーションは配備および労働費用の削減に役立ちます。すべての機能は、追加のソフトウェア無しに直接有効化が可能。すべてにおいて便利です。

さらに、ターボステーションは小型のためオフィスのどこにでも配置することができます。特定のサーバールームを用意する必要はありません。独自のファン無し設計と熱放散のためのアルミニウムケースにより、完全に静かで安定したパフォーマンスをお約束します。お仕事の邪魔になるファンノイズもありません。ターボステーションはOCサーバに比べ省エネ設計です。約15~25Wを消費、これは省エネ電球と同程度です。毎日24時間の使用に最適、安定していてコストも削減。すべての面において、ターボステーションはSOHOおよび小規模企業にとって理想的な選択です。学校、クリニック、セールス支部、小企業および5~20人からなる企業の各部署、そのような環境のどこでも、ターボステーションはファイルサーバとしてご利用いただけます。

リリース日: 2013-07-16
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
50% の人が、これは役に立つと思っています。