QNAP Systems, Inc. - ネットワーク接続ストレージ(NAS)

Language

Support

RAID 5/6 を使用した NAS での無症状のデータ破壊の可能性に関する QTS の重要な更新
次のモデルはこの問題の影響を受けません。

1 ベイ:
- TAS-168
- TS-109 / TS-109 Pro / TS-109 II / TS-109 Pro II
- TS-110
- TS-112 / TS-112P
- TS-119 / TS-119P+ / TS-119P II
- TS-120
- TS-121
- TS-128
- TS-131

2 ベイ:
- HS-210
- TAS-268
- TS-209 / TS-209 Pro / TS-209 Pro II / TS-209 II
- TS-210
- TS-212 / TS-212P / TS-212E
- TS-219 / TS-219P / TS-219P+ / TS-219P II
- TS-220
- TS-221
- TS-228
- TS-231
- TS-239H / TS-269H
- TS-239 Pro / TS-239 Pro II / TS-239 Pro II+
- TS-259 Pro / TS-259 Pro+
- TS-269 Pro / TS-269L

4 ベイ:
- SS-439 Pro
- TS-409 / TS-409 Pro / TS-409U
- TS-410 / TS-410U
- TS-412 / TS-412U
- TS-419P / TS-419P+ / TS-419P II / TS-419U / TS-419U+ / TS-419U II
- TS-420 / TS-420-D / TS-420U
- TS-421 / TS-421U
- TS-431 / TS-431U
- TS-439 Pro / TS-439 Pro II / TS-439 Pro II+ / TS-439U-RP/SP
- TS-459 Pro / TS-459 Pro+ / TS-459 Pro II / TS-459U-RP/SP / TS-459U-RP+/SP+
- TS-469 Pro / TS-469L / TS-469U-RP / TS-469U-SP

5 ベイ:
- TS-509 Pro
- TS-559 Pro / TS-559 Pro+ / TS-559 Pro II
- TS-569 Pro / TS-569L

6 ベイ:
- TS-639 Pro
- TS-659 Pro / TS-659 Pro+ / TS-659 Pro II
- TS-669 Pro / TS-669L

8 ベイ:
- SS-839 Pro
- TS-809 Pro / TS-809U-RP
- TS-859 Pro / TS-859 Pro+ / TS-859U-RP / TS-859U-RP+
- TS-869 Pro / TS-869L / TS-869U-RP

12 ベイ:
- TS-1269U-RP

Q1:使っている NAS が無症状のデータ破壊問題の影響を受けるかどうかを判断する簡単な方法。
A1:お使いのモデル番号が上記のいずれかであれば その NAS は該当しません。

Q2:使っている NAS がこのリストにない場合の対処法
A2:次のテクニカルアドバイザリーで推奨しているソリューションを参考にしてください。
https://www.qnap.com/ja-jp/technical-advisory/tec-201707-01

Q3:RAID スクラビング機能が見つかりません
A3:次の条件のいずれかに合致する場合には、NAS は RAID スクラビングをサポートしていません。

  1. そのモデルが上記リストにある。
  2. そのモデルが QTS 4.3.3 へのアップグレードをサポートしていない。
  3. Storage Manager 画面が以下の例のようになっている。
    重要:お使いの NAS が RAID スクラビングをサポートしていない場合は、この問題は該当しません。

Q4:使っている NAS RAID スクラビングが無効になっている理由
答え:これは既知の問題で、次の QTS リリースで解決する予定です。次のワークアラウンドのひとつを実施してください。

  1. Storage Manager でデータスクラビングをスケジュールします (Global Settings > Data Scrubbing)。
  2. コマンドラインにログオンし、次の手順を実施します。
a. 次のコマンドを使用して、お使いの RAID 5 または RAID 6 の複数のデバイス (md) ドライバーをチェック。
[~] # cat /proc/mdstat

次の例では、RAID 5 の md ドライバーは “md1” です。

b. 次のコマンドを使用して RAID スクラビングを開始します。

[~] # echo repair > /sys/block/md1/md/sync_action

QTS タスクバーのバックグラウンドタスクセクションで RAID スクラビングの進行状況をモニターできます。

Q5: RAID スクラビングのスケジュール方法
A5:Storage Manager > Global Settings > Data Scrubbingに進み、Editをクリックしてスケジュールを作成します。

Q6:実施すべき RAID スクラビングの頻度
A6:QNAP では RAID スクラビングを毎月実施することをお勧めします。

Q7:RAID スクラビングの停止
A7:現在のユーザーインターフェースでは、RAID スクラビングはいったん開始すると停止できません。プロセスを停止するには、コマンドラインにログオンし、次の手順を実施します。

a. 次のコマンドを使用して、お使いの RAID 5 または RAID 6 の複数のデバイス (md) ドライバーをチェック。

[~] # cat /proc/mdstat

次の例では、RAID 5 の md ドライバーは “md1” です。

b. 次のコマンドを使用して RAID スクラビングを停止します。

[~] # echo idle > /sys/block/md1/md/sync_action

Q8:RAID スクラビングを実行中に NAS を再起動した場合
A8:RAID スクラビングは停止し、プロセスを再度開始する必要があります。

Q9:無症状のデータ破壊と、NAS の使用方法やインストールしているハードディスクのタイプとの関係
A9:無症状のデータ破壊は、オペレーティングシステムで検出されないエラーによってデータが意図しない変化をしてしまうことです。通常、NAS の使用とインストールされているディスクはこの問題には関係ありません。ただし、影響を受けた NAS をデータベースや仮想化プロセスに使用すると無症状のデータ破壊のリスクが高まります。また一般的に、ディスクファームウェアの問題およびディスク障害がデータ破壊を引き起こすことが知られています。

リリース日: 2017-07-28
役に立ちましたか ?
ご意見をいただき、ありがとうございます。
ご意見をいただき、ありがとうございます。 ご質問がありましたら、support@qnap.com にお問合せください
63% の人が、これは役に立つと思っています。